ケリノスギャラリーカフェ

なんとかなるさ

ウチの実家は農地や山などはありあまるほどあります。
ですが甥っ子にとってはそれこそが重荷というか自分の代になってできる気がしないといいます。

お嫁さんをつれてスープの冷めない距離に住んではいますが。

リタイアして一手に農地を担ってる兄にとっても頭の痛いところです。
ご先祖様から受け継いできたたいせつな土地 次の代にはいったいどうなることでしょう。

マッカーサーのおかげで小作のひとたちに持っていかれたと事あるごとに言っていた祖母もさぞこの現状には嘆くことでしょう。

だけど甥っ子よ 君がリタイアするころには君の考えかたそのものも変わってるかもよ  なんとかなるさ。


ここ生駒にも遊休農地はあります。
次世代がサラリーマンをえらぶことで次第に荒れてしまうのですがせめて草を刈って畑が畑の体をもたせてもれえればそれで十分と 格安で畑仕事に興味を持つ市民に借り出されます。

継続してがんばるのはリタイア組で中にはプロはだしの知識と収穫を得る人も現れます。
一応ロマンを求めて土をいじり始めた人たちなので 花なども植えて上手に咲かせてくれます。

ちょっと長くなりましたが そんな花を水彩画の画材でいただいてきます。
バケツにいっぱいカマで刈ってどかりとテーブルに置いたのを生徒さんに自分で一番すきなようにアレンジしてもらうところから始めます。

自分の好きなものしかいい絵にはなりませんからね。 
何を描きたいかが決まれば8割がたできたといっていいでしょう。   なんとかなるもんです。

f0188408_12535457.jpg


f0188408_12541182.jpg


f0188408_12542666.jpg


f0188408_12544314.jpg


f0188408_1255076.jpg


f0188408_12551439.jpg


f0188408_12552998.jpg


f0188408_12554266.jpg


f0188408_12555526.jpg


f0188408_1256926.jpg

[PR]

by kerinosu | 2014-06-23 12:56 | Lesson | Trackback

トラックバックURL : http://kerinosu.exblog.jp/tb/22381768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。