ケリノスギャラリーカフェ

Finland report 5

f0188408_922630.jpg


f0188408_925740.jpg


f0188408_931922.jpg


f0188408_934553.jpg


f0188408_941339.jpg


南港マーケット広場のハービス アマンダの像に朝日が当たってシルエットになっています
カフェ カッペリにもオールドマーケットにも朝日が差し込みます
外灯はまだ消されていません

早起きをしました

高速艇で1時間半から2時間でお相撲さんの把瑠都の祖国 エストニアに着きます
観光客に人気のタリンの旧市街を目指しましょう
バルト海クルーズでメジャーなのはシリアラインですが 私が使ったのはリンダライン
往復で50ユーロ余り ネット予約だとさらにお安くなります

パスポートを用意して出航を待ちます
f0188408_9174979.jpg


船内は快適  シナモンロールとコーヒーで朝食を^
f0188408_9213394.jpg


ちょっと行ってきま~す
f0188408_9312420.jpg



船に乗っている間 少しエストニアについてさらっておきましょう

エストニア共和国
バルト三国の一番北にありラトビアがその南 その南にリトアニア
20数年前にロシアより独立を果たしましたが かつてソ連より一度独立を勝ち取ったものの覇権を奪われるなど 厳しい過去を持つ国のひとつです。
今のウクライナ情勢がまたエストニアにもふりかかってくるのではないかという不安があり
NATOに加盟 EUに加盟 またIT産業にはSkypeが開発されるなど力を集約しています。
ユーロが使え 英語が話せれば問題ありません

フィンランドでは24%の付加価値税がたいていのものに着きますがエストニアでは税金は安く
特にスーパーマットでは激安の印象です。(旧市街のお土産物屋さんは盛っています)

目指すタリン旧市街歴史地区は世界遺産に指定されています



船が着いたようです
f0188408_19141764.jpg


では実際に歩いてみましょう

f0188408_19145233.jpg


f0188408_19151779.jpg


f0188408_19153671.jpg


f0188408_19155746.jpg


緩やかな登りの坂道の両脇がことごとく中世
f0188408_19173822.jpg


カワイイお土産屋さんで 気に入ったものは買います
f0188408_19202095.jpg


f0188408_19204021.jpg


f0188408_1921057.jpg


f0188408_19212733.jpg


f0188408_19214990.jpg


f0188408_1922854.jpg


f0188408_19224294.jpg


黙々と歩きましたが 石畳はかなりきます
歩きやすい靴が必須

小さな町ですが横道が気になり入ると違う表情があります

カフェもいろいろあるので休みながら歩きましょう

人だかりのある広場は市民広場で観光客相手のワゴンがいっぱい並びます
この広場にはすぐ着いてしまいますがほぼ真ん中にあるので何度も戻ってくることになります


お買い物は路面店をいろいろ覗いてからにしましょう


f0188408_19363532.jpg


f0188408_1938265.jpg


これが城壁 この内側が歴史地区です
f0188408_19385261.jpg


f0188408_19402996.jpg


お昼にしましょう
オルデ ハンザ ここは中世のレシピをそのまま
中世の雰囲気の店内で中世のコスプレの店員さんがサービスしてくれます   面白そう!
市民広場の裏にあります
f0188408_19454999.jpg
   

f0188408_19461616.jpg


f0188408_19463786.jpg


f0188408_19473100.jpg


f0188408_19472270.jpg


f0188408_19474212.jpg


トイレも本気モード
f0188408_19495026.jpg


では展望台まで登りましょう
f0188408_19533123.jpg


f0188408_13585645.jpg






正直足がヘロヘロです

お土産物 買おう   海外で迷ったら買い!!ときめてるあたし。

f0188408_2013839.jpg
 

f0188408_2015985.jpg


f0188408_2022528.jpg


f0188408_2024399.jpg


そんな中で作家物の陶器に引き付けられました
クリスティーヌという30代の作家の絵付けは人をハッピーにする力を持っています
しかしなかなかいいお値段です
この写真の中の2点を求めました
f0188408_208176.jpg


f0188408_2081974.jpg


市民広場に戻りましょう
f0188408_2092761.jpg


f0188408_2010062.jpg



ここではカードが使えません
小さな段ボール箱に入ったこの手作りの森のお家がとても気に入り 値段交渉をしましたが負けてくれません
有り金全部を使いきる勢いで買いました
f0188408_20102548.jpg


彼女は台所で これを作っているのだそうです
この段ボールの箱の他は皆が売ってるお土産品です
売り方次第で十分作家としてやっていける人だと思います
f0188408_20185072.jpg




今は家の台所にいます  11月のキッズ発表会でのクリスマスデコレーションに使うことにしましょう
f0188408_2056234.jpg


夕方の船の待合所にはお酒なども販売されているので
次の日お世話になるミルヤさんたちへのワインを求めました
[PR]

by kerinosu | 2016-09-30 09:31 | Event | Trackback

トラックバックURL : http://kerinosu.exblog.jp/tb/26156307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。