ケリノスギャラリーカフェ

カテゴリ:Gallery( 103 )

キッズ展 アリヒルアまり展 始まりました

先日からお知らせしていた展覧会の様子を随時アップしていきます。

子供たちが想像力をフルに発揮してひとつ ひとつ 積み上げていったのを目の当たりにしているので
やはりドラマチックに展示してあげたいと思いつつ インスタレーションの気分になって飾り立てました。
上にも
f0188408_1571693.jpg



サイドにも
f0188408_159443.jpg


f0188408_1592693.jpg


アリヒルアさんのも随時アップしていきます。

f0188408_15251763.jpg



ご期待くださいませ。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ
[PR]

by kerinosu | 2011-11-13 15:27 | Gallery | Trackback

水彩画展はこんな感じで

先月ケリノスアートクラスの水彩画展のスナップを少し撮っていました。

f0188408_14341250.jpg


実際にはもっとありましたし 真近で見ていただきたかったのですが ウチにお越し願えなかった方にせめてものご報告です



先日の少路さんのクッキーレッスンをもとに ジンジャーやナッツ類やチョコとフライドアーモンドなど焼きました。
良い香り 滋養もあります。

f0188408_14504430.jpg


無農薬の秋ご飯は山の味です。

f0188408_14535315.jpg

f0188408_14541047.jpg


こちらはケリノスパウンドケーキ  紫芋 かぼちゃ ナッツ類 フルーツなど季節で手に入るものを焼きます。

f0188408_1829528.jpg


キャロットケーキです。 ここにお芋 かぼちゃ 柿 などオレンジ系の素材を入れたりします。

f0188408_1829373.jpg


そうそう昨日のゲストは生駒在住ですが三重の方でカフェをなさっているそうです。
不定期に開けられるそうですが素敵なご夫婦でした。
[PR]

by kerinosu | 2011-11-04 14:58 | Gallery | Trackback

Gallery <ギャラリーについて>

2017

YA-KEI OU- YA
~夜京 桜夜~
竹内 城次 写真展

2017.4.12-4.17

プロフィール
1987年3月  京都市立芸術大学
       美術学部卒業
2007年~  デジタルカメラで写真を       撮り始める
2014年10月 亀岡100人展 出品

作品に込めた想い➡
京都の真夜中の桜を尋ね歩きました。
昼間の桜は素直な色合いで人々を楽しませ、ライトアップされた夜桜は雅な色合いを輝かせます。
今回の桜はライトアップされていない街灯や月明かりのみの夜桜です。暗がりの中から浮かび上がってくる桜は、もう一つの京の桜の姿を醸し出し、沈黙の内に饒舌に私に語りかけてくれます。
普段とは違う静寂の夜桜を楽しんでいただければ幸いです。

f0188408_10261173.jpg
 


2016年

7月の展覧会は銅版画です


「綺想曲 カプリース

ー内田好美銅版画展ー」


7月6日(水)~11日(月)


内田好美プロフィール

1978年 大阪生まれ

2002年 同志社大学文学部美学及芸術学専攻 卒業

2010年 銅版画制作開始

  イタリア(フィレンツェ)銅版画専門学校IL BISONTEにて銅版画を学ぶ

2011年 帰国

  以降、グループ展を中心に、大阪にて活動中




 様々な技法があり、繊細かつ大胆な表現が可能な銅版画に惹かれました。

 銅版画誕生の地、ヨーロッパに赴き、歴史ある地で技法を学んで以来、インクは黒を使用し、 作風はクラシック、「artigiano(職人的)」に、銅版画制作に熱意を注いています。

初個展となります今回、都会の喧騒から離れ、木の葉のそよぎや小鳥たちのさえずりに耳を傾けながら、ゆっくりと作品を鑑賞いただけることは本望です。

 イタリア滞在中、心に残った情景から、古代ローマの詩に触発された「挿絵」、それから愛犬をモデルにした肖像画に至るまで、約20点を展示します。

 感興のまま、ある時は陽気に、またある時はしめやかに描いた作品の数々。イタリアの空気や時間の流れを、モノクロームの世界のなかに感じとっていただければ幸いです。

f0188408_14101057.jpg



f0188408_12551787.jpg


フィレンツェで銅版画を学んだ作家が、滞在中の情景から古代ローマの詩に触発された「挿絵」
など20点を展示。イタリアの空気や時間の流れを感じて。
ータウン情報誌ぱーぷる7月号 アート欄より。









6月の展覧会は木版画です

大矢礼子個展


淡い想い


6月15日~20日


ちょっと仕事の手をとめて、散歩に出てみると、ほっとします。
素敵な自転車が走っていたり、黄色い花が咲いていたり、
船から流れる音楽を聞いたり。
自分も世の中の一部だと感じられ、色々な感情を受け止めてくれている気がするからでしょうか。
ふっとそんな風に思いました。
慌ただしい日々の中で、側にいてくれる希望を忘れないように。
そんな想いをイラストや版画にしてみました。

f0188408_13255552.jpg


f0188408_1348459.jpg

タウン情報誌ぱーぷる6月号掲載   アート欄より








5月展覧会は


GABI個展  大正アリスと着物ウェディング

5月18日(水)~23日(月)

GABI オーナーの中野綾佳さんによるケリノスでの初個展です。



プロフィール


着物エバンジェリスト(伝道師)を目指し着物や小物のデザイン、製作、販売や着付けレッスンを開講。
海外旅行をきっかけに日本文化に興味を持ち、その中でアンティーク着物のデザイン、発色に心を奪われ着物や着付けについての勉強を始める。
「ヒメノルミ着付け教室」を卒業。
「ファッションとして、もっと気軽に着物を楽しむ」事を学び、
「和装と洋装のスタイリングの融合」「適度なモード感」をテーマにオリジナルの着物や小物のデザイン、製作、販売を開始。
普段着物ユーザーに人気の着物イベント「Lantana Konowa(京都)」や「神戸キモノデコレーション(神戸)」などへの出店や
ネットショップ「はいかる糖花」さんにて販売をしている。
若い世代にも着物の良さを知ってもらえるように、
そして、もっと気軽に着てもらえるように、基本を大事にしながらも流行ともリンクした普段着物のスタイリングを提供出来るよう心掛けている。







個展概要


着物エバンジェリスト(伝道師)を目指すGABIオーナーの中野綾佳が、
ヴィンテージの着物やウエディング洋小物をメインに使った自身初の個展
「大正アリスと着物ウエディング」を2016年5月18(水)~23(火)まで奈良県生駒市にあるケリノスギャラリーカフェにて開催。
スペシャルゲストとしてフォトグラファー 遠藤幸子さんのポートレート作品や
絵本カフェ はびき堂のオーナー 八木橋未奈さんが少女「アリス」の視点から書いたオリジナル小説も
取り入れ「和洋折衷でロマンチック」な独自の世界観を表現する。
「青いバラ」「洋館」「ヨーロッパの風景」などの珍しい柄の着物達も並び、着物好きな方には新たな発見をしていただけるように、
まだ着物を良く知らない方には着物を知っていただけるきっかけになるように、
そして、着物の良さを次世代に引き継ぐために小さなお子様にも分かりやすい世界観が表現できるように。
ときめきの会期となりますように。



f0188408_12252881.jpg


f0188408_1375646.jpg

タウン情報誌ぱーぷる5月号掲載     アート欄より
大きく取り上げていただきました!





4月展示のお知らせ

生活に取り込める茶道空間の提案展示です。

WABISABI

4月20日(水)~25日(月)

風炉先屏風、敷板などにダンボールを使用したりの斬新さ!

普通の住空間をにわかにお茶空間に変えてしまう提案が4つのゾーンに展開されます。

茶・挿花(岩崎都)

墨象(森重陽子)

花入れ(鈴木明美)。





パーティーはお茶の先生でありこの度お花を担当される岩崎さんによるお抹茶 お菓子 お茶のお遊びが付きます。
23日(土) 13:00~16:00
3240円

0743-73-1933 ケリノスギャラリーカフェまでご予約ください。

f0188408_12234866.jpg


f0188408_1240314.jpg

タウン情報誌ぱーぷる4月号掲載  アート欄より


3月展示のお知らせ

小山田瞳作品展   -パリからの贈り物ー

Looking back 40 more years of hat making evoked the esprit of Paris.

3月23日(水)~28日(月)

小山田瞳ーHitomi Oyamadaー さんの帽子づくり40年を振り返る展覧会です。

大阪 茨木の地で40年以上 フランス製の材料にこだわったお帽子づくりをなさっています。

小山田さんは御年88歳!   お帽子もさることながらご自身のチャーミングさを感じ取っていただけたらと思います。

f0188408_12273148.jpg


f0188408_14235162.jpg

タウン情報誌ぱーぷる3月号掲載  アート欄より










1月2月展覧会のお知らせ
この1月2月は展示は私 鳧 由美の常設展示になります。

3月から本格的な展示を予定しています。小山田瞳さんのパリからの贈り物 お帽子展が始まります

ですのでこの1月は 鳧 由美の20年前の作品を展示いたします。

挑戦的な目つき 負けない女性を描いていました

しかし 本当に強いかといえば どうやらそうでもなさそうです。

傷ついたりへこんだりします。

20年前はそんな女性たちをカッコイイと私は思っていました。

20年たった今 そんな女性に出くわせば カワイイと思うでしょう。

発表したことのない蔵出しです。

f0188408_14383395.jpg















2015年

12月展覧会

f0188408_12592188.jpg

タウン情報誌ぱーぷる12月号掲載 アート欄より

12月は私 鳧由美(けり よしみ)の油彩画の展覧会になります。

KERRY'S SHOW

12月は皆さん気ぜわしいこともあって例年私の新作を含む常設展覧会を入れています。

新作を含むと言いましたが 今回はバルセロナの12月の情景で すべて新作にいたしました。

ギャラリーカフェをやるようになってからはなかなか絵を描くモードになれず なかなか両立はむつかしいもんだなと思っていましたがやはり自分の背骨をしゃきんとしていないとどうも落ち着かない、、
やはり絵は私の楽しみのもと 楽しむためにはやり続けねば !

しかもロマンティックな絵を描く。
これでもかとロマンティックな路線をいく。

うちのギャラリーでやっていただく皆さんにもこの路線のことはお話しさせていただいています。
ですのでうちでやっていただく皆さんもロマンティック情感を持しておられる方々です。

ですので意地でもロマンティック 死ぬまでロマンティック。
すごく柔らかいロマンティックな情感をすごくかたーく守っていくのだ。 と。



さて私のKERRY'S SHOW  

パリで同時多発テロがあったりシリアに空爆があったり 今のヨーロッパは無邪気な旅情にひたるにはきな臭いものになりました。

しかし有史以来 そんな困難は彼らにあっては当たり前  ずーっと何らかと闘ってきた彼らです。

その上で紡いできた美術文化や感性です。ナショナリズムを否定することはありえません。
彼らの強さ したたかさ 頑固さ  そしてしなやかさに裏打ちされたロマンティックな表現が私は気になって仕方ありません。

そしてさらに私の目を通したなにげない日常のロマンティックだと思うものを一枚の絵に切り取ろうと思うのです。

ふんわりとした情景が好きです。



f0188408_1259342.jpg


f0188408_12584393.jpg


f0188408_1258184.jpg


f0188408_12574599.jpg


f0188408_12573444.jpg


f0188408_12571942.jpg


f0188408_12565937.jpg


f0188408_12564773.jpg
















11月展覧会


11月の展覧会は私のキッズクラス   キッズ英絵画展覧会   です。

このレッスンを初めてから随分たちました。

一番最初にレッスンをしたのはもうかれこれ20数年も前になりますでしょうか
お年賀をいただく最初のレッスン生は今やママになりお子さんはよちよち歩きを始めました。
横浜からはさすがに来れませんが可能ならうちの子も習わせたい: と言われるとそれはうれしいものです。

隔年で展覧会を入れますのでこの2年間の作品を展示します。

11月の第1週には2階ギャラリーで展示を始めます。

15日には作品発表会を兼ねたpotluck partyを行いますがレッスン生たちや親御さんで満員になります。   キッズたちは英語による発表会の練習でこのところのレッスンは真剣な態度。
自信に満ちたは発表は練習 練習 練習しかありませんからね。

今年は自分の住みたい基地をジオラマで作るのをメインなテーマにしましたが 昨年の飛び出す絵本も力作です。

追って紹介してゆこうと思います。

写真は昨年のpop up book の1ページです。
f0188408_15192342.jpg


f0188408_15195072.jpg


f0188408_15201111.jpg


f0188408_15204183.jpg


f0188408_15211825.jpg


f0188408_15214828.jpg


f0188408_15221040.jpg


f0188408_15224143.jpg


f0188408_15231022.jpg


f0188408_15234377.jpg




10月展覧会

古地図で旅するヨーロッパ+レトロ図工室


kotokoto

10月21日(水)~26日(月)

古地図を巡って遥かな時間旅行へ

迷路のように吊るされたヨーロッパの都市の古地図。その間を通り抜ければ時間旅行のただ中へ。
運命を握るのは空想力。 当時のアンティークをリメイクしたアクセサリーも展示され、旅の気分をもりあげる。  

滋賀県甲賀のアンティーク店kotokoto(コトコト)が仕掛ける展覧会。




上記は情報紙 ぱーぷるの10月号 アート欄ご案内を使わせていただきました。

さすがにうまくまとめてくださっています。







[タイトル]
“古地図で旅するヨーロッパ+レトロ図工室”展

[キャッチ]
知らない。読めない。
なのに見ていたい。

[本文]
レトロポップな観光地図で時間旅行へ。舞台は1950~80年代のチェコスロバキア、ハンガリー、東西ドイツなどの諸都市。旅の命運を握るのは“空想力”。当時のアンティークをリメイクしたアクセサリーも展示。



ご期待ください。
DM案内状 素敵に仕上げていただきましたのでこの欄のご案内にふさわしいかと思います。
f0188408_14283811.jpg



f0188408_14551547.jpg









9月展覧会



三人寄ればガラス刻 ~GLASS PLAYERS~



f0188408_1531810.jpg

ガラスに魅せられた3人ー 平澤津 英子・吉岡 佳子・永井 奈生子 ーの作品展。バーナーワーク・フュージング・サンドブラストの3つの技法を使って、ガラス絵・アクセサリー・ガラス器への彫刻など、思うままに取り組んできました。

透明感と輝き・重み、手軽でありながら華やかな質感が、ガラスの魅力です。

ガラスは身近な存在でありながら、その加工方法を目にすることは、日常ではあまりありません。硬い冷たいと言った印象のガラスですが、その加工の行程では何百度もの温度で熱し、トロリとした姿になります。自分が切ったり組み合わせたり巻き取ったガラスの素材が、赤く熱くなり形を変えて行く時、徐々に冷えて新たな姿を見せる時、私達は“創作”の喜びを感じます。

また、自分で作ったガラス作品をもとに、額装したりアクセサリーに仕立てるのも、面白さの一つです。自分で作ったものを身に付けたり飾ったり使ったりする時、何物にも替え難い贅沢な喜で満たされます。


技法


【サンドブラスト】

砂を吹き付けてガラスの表面を傷つけ「すりガラス」の状態にすることで、模様をつけて行きます。

模様を付けたくないところにはビニルテープでマスキングをして保護し、模様の形をカッターナイフで切り取ります。そこにコンプレッサーの高圧でアルミナという金属の粉を吹き付けて削って行きます。これを繰り返すことで、重なりや奥行きをつけてレリーフのように凹凸を付けて行く「段彫り」という技法もあります。



【フュージング】

「溶ける・融合する」といった意味です。好みに切ったガラスを組み合わせて、炉の中で熱し、融着させます。溶かす時間によってガラスの溶け具合が変わり、味わいが変わります。自由な形や色合わせや楽しめます。


【トンボ玉】

バーナーワーク・ランプワークとも呼ばれます。

ガラス棒をバーナーで熱し、ステンレスの棒に巻き取って熱しながら丸い形に作って行きます。


素材


日本で一般にトンボ玉と呼ばれるガラスの玉は、「キナリ」や「佐竹」と言った日本のメーカーのガラス使われていることが多いです。これらのガラスは柔らかいので、細かな細工をするのに適しています。

私達が主に使っているのは、「モレッティー」と言うイタリアのガラスです。日本のガラスに比べ、硬めで扱いにくいのですが、発色の良いのが特徴で、その鮮やかな色はアクセサリーに適しています。また、より軽く丈夫に仕上げるために、中が空洞の玉も作っていますが、柔らかい日本のガラスでは、中空の玉を作ることはできません。

この他にも、「デザーク」と言うドイツのガラスや、「ブルザイ」と言うアメリカのガラスを使うこともありますが、これらはモレッティーよりも更に硬いガラスです。

f0188408_12235799.jpg








8月展覧会


岩津陽子  Misty Wood burning
ミスティウッドバーニング


独特のセピア色、ナチュラルな素材感が魅力のウッドバーニング。
専用の電熱ペンで木 を焦がして、描きます。
ウッドバーニングで表現した ミステリアスな森へぜひお越しください。

プロフィール

京都府出身

奈良県在住

京都市立芸術大学
油画卒

テキスタイル・印刷関係の企画や、デザインの仕事に携わる。

日本ウッドバーニング協会元理事長 科田氏に師事日本

ウッドバーニング協会認定講師日本

ウッドバーニング協会西日本支部長

奈良県でウッドバーニング教室開催

<ウッドバーニング受賞暦>

2004年
日本ウッドバーニング協会コンテスト ハガキ部門銀賞
2009年
日本ウッドバーニング協会コンテスト 白光賞受賞









f0188408_11481539.jpg



f0188408_1233321.jpg









7月展覧会

安江樹美子 パッチワークキルト展

安江樹美子さんによるアメリカンパッチワークキルトは古き良きアメリカを彷彿させる伝統的手法を基礎としながら オリジナルな楽しさが表現されています。

1階2階のギャラリースペースが使われます。

7月15日~20日

f0188408_2019211.jpg


ワークショップは15日  アンティークレースなど選りすぐられた材料をセレクトしたポーチを作ります。3500円   13:00~     ご予約お願いします。
製作後お疲れ様軽食が付きます。
f0188408_2020794.jpg



情報紙ぱーぷるさんにも掲載されていますので合わせてごらんくださいませ。

ぱーぷる 引用させていただきます。
パッチワークに刺繍を加えたタペストリー、クッション、小物入れなど 暮らしを素敵に彩るキルト作品を展示。 温かでやさしい色使いの世界をたのしんで。

f0188408_12435560.jpg




6月展覧会

More Vintage

sanaeさんによるアクセサリー展示になります。




6月10日(水)~6月15日(月) sanae new VINTAGEという、時代と独特のセンスを刻んだ魅力のある素材を主に海外よりセレクトし、ドキドキするような特別なアクセサリーを制作。特にコンセプトは決めず、その時代の新しいファッションと融合するよう意識しています。新しいものと古いものを楽しんで頂きたいです。

  日 時:2015年6月10日(水)~6月15日(月)
  場 所:kerinosu gallery cafe 奈良県生駒市門前町23-5
  作 家:sanae(アクセサリー作家 joli-accessoryを営む)

 ■パーティー

 日 時:2015年6月13日(土) 13:00~16:00
    野菜メインのお料理&リカー
    0743-73-1933 ケリノスギャラリーカフェまでご予約お願いします。

f0188408_1335344.jpg


f0188408_12572268.jpg








5月展覧会

5月13日~18日

展覧会名

なら*なら 〜ならでよふかし〜

北村 俊太
shunta-photography


プロフィール

1989年生まれ。

生駒市在住。

2011年に初めてカメラを購入。イギリス、スペインを旅して写真に目覚める。

その後、奈良県を中心に風景写真の撮影する。

2013年スポーツカメラマンとしてカメラマンデビュー。

2014年フリーとして活動。

初めての個展「なら*なら」をケリノスギャラリーカフェにて開催する。


f0188408_13554440.jpg


パーティー  5月17日 1:00~4:00  お野菜メインのお料理 リカー付き
       3000円
       ご予約ください。
f0188408_125818.jpg







4月展覧会


4月8日~13日
展覧会名:福崎翼 作品展「TERA ROMANTICA」

     (ふくざきつばさ さくひんてん「テラ ロマンティカ」)

会期  :2015年4月8日(水)-13日(月)

おもに動物をモデルとして描かれた鉛筆画を大小あわせて15点程度展示。

ケリノスギャラリーカフェの店内を利用したインスタレーションとしての要素も楽しめる内容です。

□技法・作品展数

すべて紙に鉛筆で描画

91.0×180.0 cm 1点

116.7×91.0 cm 1点

72.3×103.0 cm 3点

54.5×72.8 cm 1点

22.7×15.8 cm 5点程度

その他小品数点

□作者コメント

旅先や動物園で取材した動物たちに

ジュエリーやレースなどの装飾的な描写を加えて作品を仕上げています。

作品と向き合う時間の流れや、その中で生じてくるモチーフとの親密な空気を

鑑賞する方にも感じていただければと考えています。

□作者プロフィール

 山形県出身、筑波大学大学院芸術研究科修了。

2013年より奈良市内で制作活動を開始。

 個展

 2014年 GALERIE CINQ (奈良市)

       OギャラリーUP・S(東京、銀座  ’10、’09)

 2012年 「PARADE」新宿眼科画廊(東京、新宿)

コンクール・グループ展等

 2015年 現代作家展 GALERIE CINQ(奈良市)

2014年 にゃらまち猫まつり(奈良市)

2013年 第二回宮本三郎記念デッサン大賞展・大賞(石川県小松市)

 2012年 グランシップアートコンペ2012・奨励賞(静岡県静岡市)

 2011年 二人展 Locanda degli Artisti(イタリア、フィレンツェ)
f0188408_2039816.jpg

パーティー 4月11日(土) 13:00~16:00 ご予約お願いします。

情報紙ぱーぷるさん他でも取り上げていただいていますので合わせてご覧くださいませ。
f0188408_11411379.jpg











3月展覧会

3月11日~16日


ナニイロダッコ・こどもとの時間展

f0188408_11433752.jpg

2階のギャラリースペースが子供部屋に丸ごと変わってしまいます。
写真 スタイ スカート はもちろん子供部屋にあるお人形 ドールハウスなどなど ダイナミックなナニイロダッコ ・鶴長麗子ワールドをお楽しみください。
スタイ スカートなどの販売コーナー併設。
ワークショップ付きパーティー
3月15日(日)




情報誌ぱーぷるのアート欄にも掲載されています あわせてご覧ください。
f0188408_133269.jpg



2月展覧会

2月4日~9日
ミヤギクミコのラブリーなラッピング

奈良の情報誌ぱーぷる アート欄に掲載されています。
f0188408_20184681.jpg
 




f0188408_8165158.jpg


f0188408_817576.jpg


f0188408_15531052.jpg


f0188408_15533063.jpg













これ以前の展示に関しては右のカテゴリーのところのGallery
をクリックしてください。





オーナー・ 鳧(ケリ)作品の常設展、企画展ほか、貸しギャラリーを行っています。
f0188408_19393781.jpg


貸しギャラリー

1階の2部屋の壁面、テーブル、棚などに展示していただけます。
2階も使用していただけます。

※水曜日から次週の月曜日まで 

オープニングパーティー ワークショップなどのご相談にも応じます。

料金 5万円   (火曜日休み)

※実費でDM制作させていただきます。

◆ご相談に応じます お問い合わせください。



★ 企画展

企画展の場合は作家さんとのお話合いで段取りを取り決めています。

お気軽にお問合せください。
[PR]

by kerinosu | 2008-09-06 19:35 | Gallery | Trackback