ケリノスギャラリーカフェ

カテゴリ:Lesson( 122 )

小さなレッスン生

この四月からママとランチと英語とアート というレッスンを始めました。 ママのランチ代に1000円をプラスしてランチの流れで ママも巻き込みながらおちびちゃんとレッスンします。 1歳から可能なのですが 実のところママへの癒しもねらっています。 わたしの経験でもおちびを育てている最中はなにかとストレスを自分だけで抱え込みがちだったのです。  ですから一挙両得 一石三鳥かそれ以上の効果をねらっています。
どうも貧乏性でいけません、 がそうゆう感覚が好きなのでしかたありません。ママと共にしなやかに育ってくれますように。
f0188408_17182216.jpg

[PR]

by kerinosu | 2011-04-23 17:25 | Lesson | Trackback

お料理教室

この震災で被災した方々に向けてとある高名な栄養学者が 大豆と梅干しさえ食べていたら元気でいられるというメッセージを新聞で発しておられました。 私たち日本人は大豆の入ったお味噌汁とご飯だけで十分元気に生きてきた民族ですので いざとなればもどればいいのです。  むしろそのほうが体質にやさしいかもしれません。    

さて最初のお料理教室 素材は豆類と梅干しを選びました。  
お豆さんを散らしたサラダ ドレッシングに梅干しを加えたもの。
かぼちゃのニョッキ トマトソース和え
めいっぱいの野菜の種類を入れたミネストローネ
スポンジにクリームチーズとイチゴのコンフィチュール

とはいえおいしいお食事はストレス解消に役立ちます。 サバイバルの知恵を宿したうえで甘やかすのも知恵というものでしょう。
ちなみにお豆さん ダッチオーブンと圧力なべで生から1時間もすれば柔らかくなります。
f0188408_16254565.jpg

そうそう英語でレッスンすすめたりしますが日本語にすぐ直すのでぜんぜんオッケーです。
できたお料理のイラストはクレヨンなどで描いていただきますが5分もあればできます。
[PR]

by kerinosu | 2011-04-14 16:33 | Lesson | Trackback

3種の神器

私にはこだわっている3つのものがあります。 コミュニケーションツールとしての英語力 毎日なくては過ごせない食事 表現する手だてとして有用なドローイング(絵にして描く力)  これらのことは私自身好きなので特に努力して獲とくしたわけではありませんが 様々な場面で発揮させるとお得な機会がかなりあります。 どれもなくては困る私の3種の神器です。

これら3つの要素をクローズアップするものを入れ替えて 様々なお教室のメニュウを用意することにしました。 

kidsの英語によるアート教室 tea party付き 4才から
ママとランチと英語と塗り絵 1才から
f0188408_17372557.jpg
英語ですすめるお料理教室とレシピのイラストレッスン 成人
水彩画と軽食と英語レッスン 成人

こんな具合です。

これから先の日本 サバイバルしてゆくためにも絶対押さえておいたほうがよいと思うからでもあります。
[PR]

by kerinosu | 2011-04-04 17:38 | Lesson | Trackback

A little tea party

Our kids art class starts from a little tea party.
Sometimes they act as a waiteress or waiter ,ask their mom 'Can I help you?'
or simply 'Yes?' And thier mother orders tea or coffee and some cakes which I prepared for this CAFE-gokko.

I use English for communication as they feel so natural ,not special manner ,because English is simply very useful language for them with necessity for their future.
f0188408_16391270.jpg

They made a simple paper glasses ,of course, they LOVE them!
[PR]

by kerinosu | 2011-03-28 16:44 | Lesson | Trackback

君たちが切り開く

自分のことを最優先したり適切でない言葉を無神経に選ぶ大人もいるけどね 決して世の中捨てたもんじゃない。 いざというとき力が湧いて自分自身を犠牲にしてまでだれかを守るために責任を果たそうとするのも大人です。  いずれ君たちがこの世界の中枢で働く日がくるけれど 人のことも自分のことも大切にできる バランス感覚をもった大人になるのを見守る一人になりたいと思うよ。
f0188408_1664739.jpg
f0188408_1671743.jpg
f0188408_1673399.jpg
f0188408_1674728.jpg
f0188408_168295.jpg
f0188408_1681727.jpg

[PR]

by kerinosu | 2011-03-24 16:09 | Lesson | Trackback

人間力

三人姉妹の末っ子に生まれたせいなのでしょう、あまりイザというときの踏ん張りが利かないほうです。  臆面もなくhelp! と助けを求めることになることがあります。 もちろん節度を保ったうえで、、のつもり。

いつもそうなのですがお教室はおしゃべりが絶えることがあまりありません つまりおしゃべりと軽食とお茶とその間に作品を仕上げる まあそんな風です。   生徒さんといっても皆さんわたしよりも歳上ですばらしいキャリアとパーソナリティーを兼ね備えた方々なので たとえばワタシの悩み事などはそれこそいっぱいの解決法が出てきます。 ときどき爆笑解決法が出てきて 本気で癒されます。  人間力。 人生を過ごすうえでこれほど頼もしいものはないと感じています。   

f0188408_1242010.jpg
f0188408_1243382.jpg

[PR]

by kerinosu | 2011-02-26 12:05 | Lesson | Trackback

春のかほり

先日の大雪の日誘われるまま歩いた山道でひと際雪に映える紅梅を見つけました。  昨日そのあたりの見当をつけようやく見つけた紅梅を画材用にすこし頂いてきました。    水差しにざっくり活けたのを描いていただきました。  うまく描けたのですがさらに遊んで頂くことにしました、 その枝に 春のかほり の文字を
はらりと吊り下げてみた、、そうです。    のどかな春でございます。

f0188408_1556551.jpg
f0188408_15561640.jpg
f0188408_15564871.jpg
f0188408_1557653.jpg
f0188408_15572825.jpg

[PR]

by kerinosu | 2011-02-18 15:59 | Lesson | Trackback

雪の日

先日の雪の日 雪にまろびつつ 長い道草の末にたどりついてくれた シズルちゃん チカゼちゃん シモンくんの雪の作品です。  上から キャッスルゲイト 氷菓子 スモールスノーマン 溶けてしまうので写真に記録する作品です。 さながらすごく短いinstalationといったところでしょうか。
f0188408_1637969.jpg
f0188408_16374549.jpg
f0188408_1638560.jpg
f0188408_16383470.jpg

[PR]

by kerinosu | 2011-02-13 16:39 | Lesson | Trackback

ハート型のカード

レイちゃん ベニーちゃん ニッキ君 ヒロ君にハーちゃんが加わりそれぞれのハート型のカードができあがりましたね。 誰にあげたいかをまず考えてそのイメージを膨らませていましたね。 その調子です。

私たちでも1時間半もすれば集中力は落ちるでしょう。 彼らの場合はせいぜい30 から40分ぐらいでしょうか。 ウチのレッスンはおよそ2時間です。  「小さなtea party」から始めて メインになる作品と英語教材で使うflash card を作ってもらいます。 その間に英語の読み聞かせやphysical exerciseなども盛り込みます。もちろん自作のカードを使ったゲームも。   さながらentertainerになった気のする2時間です。

体験レッスン受け付けています。
f0188408_15162363.jpg
f0188408_15164399.jpg
f0188408_151711.jpg
f0188408_15171612.jpg

[PR]

by kerinosu | 2011-02-05 15:19 | Lesson | Trackback

聖バレンティヌスはそもそもローマ時代に、、

ネットで調べるとSt.Valentine's day の謂れはいろいろでてきます。 ここでは割愛して そういったロマンチックな気分になれる絵を先日のアートクラスのお題!にしました。  なわけでそれぞれ”その気分ハードル高い” などと言いながらも素敵に仕上げていただきました。  これからは絵の画面の中にごく短いキャプションも入れていただくことにしました。  どんなふうな絵を描きたいかが決まれば8割がた描いたも同然です。
絵は表現ですから。
f0188408_14344226.jpg
f0188408_1434582.jpg

[PR]

by kerinosu | 2011-01-29 14:36 | Lesson | Trackback