「ほっ」と。キャンペーン
ケリノスギャラリーカフェ

カテゴリ:Event( 35 )

Finland report 10

ジャガイモとニンジン掘るけどついてくる?
お昼ご飯になるよ
f0188408_13425667.jpg


f0188408_14503752.jpg


ゲストハウス
f0188408_13431892.jpg


サウナ小屋
f0188408_13434787.jpg


バーベキュー小屋
f0188408_13441012.jpg


f0188408_13443714.jpg


f0188408_13445825.jpg


ティルニの実よ
f0188408_13452170.jpg


種を蒔いておいたらこうなったの
f0188408_13454324.jpg


f0188408_1346047.jpg


f0188408_13465113.jpg


f0188408_13471668.jpg


f0188408_1348932.jpg


f0188408_1349681.jpg


f0188408_14275967.jpg


f0188408_14158100.jpg


f0188408_14153527.jpg


f0188408_14162933.jpg


f0188408_14512388.jpg


f0188408_14515748.jpg


f0188408_14522310.jpg



次の日の朝の光の中で
ここが世界で一番きれいなところだと思うのとマルクのお母さん

きれいな きれいな朝

お父さんにお連れいただいたリンゴンベリー摘み (実際は専用のツールでこそげとるのですが)

f0188408_14543676.jpg


f0188408_1443473.jpg


f0188408_145114.jpg


f0188408_1452396.jpg


f0188408_1454440.jpg


30分ぐらいでこんな感じ
素人ではこうはいきません
f0188408_146011.jpg


f0188408_14545835.jpg


f0188408_14284861.jpg


キノコ狩り
f0188408_14553937.jpg


f0188408_14292223.jpg


これは食べられるけど それはダメ
f0188408_1465384.jpg

ビルベリーのある森で ビルベリーを食べながら
f0188408_1481721.jpg

ふわふわのコケに足を沈めて
f0188408_1493893.jpg

収穫をした
f0188408_1410868.jpg


f0188408_14102944.jpg


f0188408_14105379.jpg

これは 弟さんの収穫!
f0188408_1429536.jpg


そんな一連のことを思い出すのです

ありがとうございます  すべてのことに!!!

f0188408_1505639.jpg


f0188408_1512154.jpg



f0188408_14125044.jpg


f0188408_15435041.jpg


f0188408_15443125.jpg


10分間を私にくださいね
あ わたしの寝ぐせがやばい朝食の後

f0188408_1557119.jpg


f0188408_155888.jpg


フィンランドの取材をもとにいずれ絵画展をケリノスギャラリーで開こうと思っています^^
[PR]

by kerinosu | 2016-10-05 13:49 | Event | Trackback

Finland report 9

朝早くから森で遊びほうけて夕方になっていました

両側の湖の間のアカマツ林を抜けるともうすぐマルクさんの実家です
f0188408_1035090.jpg


道の小さなサインを曲がると開けた広場のようなお庭に点在するキャビン

着きました

玄関までお迎えくださるご両親

ワア   素敵なところ!!

f0188408_10381147.jpg


f0188408_10402990.jpg


f0188408_10405914.jpg


f0188408_10394216.jpg


f0188408_10395986.jpg


f0188408_10422540.jpg


f0188408_10425486.jpg



とるものもとりえず まず食べろとお父さん
雅代さんとも積る話がありそうです
リタイアしたお父さんが主にお食事を作るスタイルのお家です
このフィンランドの家庭料理を皮切りに
ほぼ3時間おきぐらいにダイニングに用意される様々なお料理お茶をいただき続ける滞在となりました
f0188408_10483990.jpg


f0188408_104999.jpg


f0188408_10493766.jpg


f0188408_1050429.jpg


何気にかわいい
f0188408_10534331.jpg


お家の方はこの窓から毎日夕日を望めます  
f0188408_10545743.jpg


空が次第に夕焼け色になってきました
湖まで夕焼けを見に行きましょう
f0188408_1057972.jpg

母屋
f0188408_1102234.jpg

いくらでも取っていいよ
f0188408_10582363.jpg


甘い おいしい  かわいい!
f0188408_1102559.jpg

サウナ小屋の下草 きれい!
f0188408_1111694.jpg


f0188408_1151414.jpg


f0188408_1155630.jpg


ルアー釣りしようか
f0188408_11406.jpg


f0188408_1163610.jpg


ここはユートピアか?
f0188408_115468.jpg


f0188408_1152314.jpg


バーベキューのための小屋
f0188408_1163397.jpg


オーロラベルトの端にあたるこの地は運が良ければ秋でもオーロラがみえるそうです
夜中に何度も空を見上げましたが この日はみえませんでした

おやすみなさい
f0188408_1194075.jpg

[PR]

by kerinosu | 2016-10-05 11:09 | Event | Trackback

Finland report 8

車はどんどん北に向かいます
道の両側には林の中に湖があらわれては消え
また新しい湖が見えてきます

森と湖の国 フィンランド

国土の三分の二が森林におおわれるヨーロッパ第一の森林国
湖の数は19万

車は特に湖の多い地方にひかれた道を突っ走ります

マルクにとっては帰省のたびに数えきれないくらい通る道です

39の国立公園があり ルールを守ればハイキング キャンプ クライミングなどのアクティビティが楽しめ森のベリーも自由に食べることができます

その一つに着きました

f0188408_103296.jpg


f0188408_1034915.jpg


f0188408_1042797.jpg


f0188408_1055891.jpg


岩盤の上の土壌は浅く この子はさらに浅いところに生えてしまいましたが
頑張って生きています
f0188408_1061972.jpg


f0188408_1084182.jpg


f0188408_1091024.jpg


光がきれい
f0188408_10122216.jpg


f0188408_10125093.jpg

気持ちのいいハイキングコース
f0188408_10132194.jpg

アカマツの林を抜けて
f0188408_10142073.jpg


f0188408_1015177.jpg

リンゴンベリー  (こけもも)をいただきながら
f0188408_10152011.jpg

エリカもどき?
f0188408_10154177.jpg


f0188408_10171458.jpg


昔の人は銃を持って絵を描きに来たそうです
命がけ かつお店もないので食料確保のためらしい
f0188408_10203852.jpg


なので私たちも絵を描きましょう
まずは腹ごしらえ
雅代さんが心づくしのお昼を用意してくださってました
f0188408_10243284.jpg


民族抒情詩カレワラを題材にした作品で有名なガレン カッレラもここで絵を描いたそうです
f0188408_10281046.jpg


f0188408_10294665.jpg


f0188408_1030150.jpg


f0188408_10303284.jpg


f0188408_10333670.jpg


f0188408_1034157.jpg


f0188408_10382494.jpg


ここを降りるけど  ピアニストがやるとあかんやつ(笑)
f0188408_1041426.jpg




湖まで降りると樹にこぶが   日本で高く売れるやつ
f0188408_10434374.jpg


f0188408_1045595.jpg


このキャビンに到達するハイキングコースです
外ではキャンプ
中でも暖炉が使えます
f0188408_1101579.jpg


f0188408_111598.jpg


では帰りましょう
違う道を帰ります
f0188408_1165959.jpg


f0188408_1172599.jpg


f0188408_1174612.jpg


f0188408_1182083.jpg


f0188408_1184222.jpg


f0188408_119418.jpg


f0188408_1195920.jpg


f0188408_11104825.jpg

土壌が浅いので樹が倒れると裏側はこんな感じ
f0188408_11111587.jpg

ヒカリゴケがあるという
f0188408_11125615.jpg


f0188408_11134614.jpg

白樺林に変わっています
f0188408_11141045.jpg


f0188408_11143525.jpg


f0188408_1115278.jpg


パーキングに帰ってきました

マルクの実家まではあと1時間です!
[PR]

by kerinosu | 2016-10-04 10:01 | Event | Trackback

Finland report 7

さて

今までのはエピローグ
本編はこれからです

と言いたいほどの 楽しい 楽しい 2日間が始まりました!

むつかしいことは何一つ考えず ただただ大自然に身を任せる
フィンランドの自然に触れずしてフィンランドを語ることはできないと再び思いました

木々を渡る風や木立や差し込む光のすべてがきれいでした

秋の光の中で撮った自然の中の私たちの写真をご紹介したいと思います

雅代さん マルクさん 私の写真をシェアしました

3人のカメラを通したフィンランドの田舎をご覧ください

行先はマルクのご両親のお家です

その途中で名水の湧く泉で水を汲み ビーバーのダムを見に行き
国立公園の中を歩きます


この子が走ります  マルクはメカニックでもあるので多分大丈夫です、、
f0188408_14503150.jpg


f0188408_14522556.jpg


f0188408_14543619.jpg


刈り取った麦畑が広がります
f0188408_14553252.jpg


時速100キロぐらいで普通の道を突っ走ります
カフェで一息つきましょう
f0188408_18554647.jpg


f0188408_14571646.jpg




f0188408_14594832.jpg


f0188408_1503628.jpg



f0188408_1964943.jpg




お好きにどうぞのリンゴ
f0188408_1515636.jpg


f0188408_18542559.jpg


f0188408_1531750.jpg


f0188408_154712.jpg


f0188408_15303963.jpg


f0188408_1555591.jpg


f0188408_1561797.jpg



自然のカモミールもシーズンの終わりに
f0188408_1573260.jpg


f0188408_1592164.jpg


f0188408_15313314.jpg



寄り道しながら走ります

屋根のない教会
f0188408_15213056.jpg


f0188408_15215739.jpg


f0188408_15222555.jpg


最初は屋根を作るつもりが途中で予算が途切れ 屋根を作れなかったそうです
f0188408_15224857.jpg


f0188408_15242753.jpg


f0188408_15253179.jpg



ビーバーのダム 見に行こーー!!
f0188408_19121591.jpg


f0188408_19124827.jpg


これがビーバーのダム、、 ビーバーがいなくてもダムっぽくなくてもだいじょうぶっ!!
f0188408_19134254.jpg


f0188408_1918673.jpg


これはアリ塚です    近づくとこんまいありが ちりちりいますが写真は撮りません^
f0188408_19204425.jpg


道端の花を撮ったり
f0188408_19354484.jpg


干し草を撮ったり
f0188408_19361970.jpg


林を抜け
f0188408_19365590.jpg


草原を抜けゆきましょう
f0188408_19375180.jpg



あ   国立公園 次です
[PR]

by kerinosu | 2016-10-03 12:34 | Event | Trackback

Finland report 6

シベリウスはフィンランドが生んだ最も尊敬され 最も有名な作曲家です

フィンランディアや7つの交響曲などを作曲しましたが 特に第2番はしばしば演奏されますね
すべてにフィンランドの自然が盛り込まれ 独立に関し音楽面からフィンランド人のナショナリズムを盛り上げる役割を果たしました
生誕150年の2015年 去年は世界中でコンサートが催されました

余談になりますが
この旅のきっかけとなった宮田雅代さんが秋篠音楽堂でシベリウス楽曲のコンサートを行うためのパンフレットを
ケリノスギャラリーの2階で撮っていただいたのがそもそもの出会いでした^^



ミリヤとエエロ夫妻のありがたいお申し出をありがたくお受けし
エエロの車でアイノラを目指します

トゥースラ地区までは車で1時間ほど ヘルシンキからバスも出ています

別荘地として人気の地で様々に趣向を凝らした別荘や湖畔のサウナ小屋をそこかしこに見かけます
f0188408_11223679.jpg


f0188408_11225671.jpg



アイノラはアイノがいる場所という意味で アイノはシベリウスの奥さんです
芸術家にありがちな神経質な夫をささえ その作品作りに障りのない環境づくりに専念し
5人の子供を育て さらに夫の芸術家仲間のサロンとして居心地のいい場を提供するという
まあ 賢夫人というかスーパーな女性の姿が彷彿とされます

その前にミルヤが芸術大学生のときサマーキャンプをしたという アレクシス キビという芸術家の小さな別荘へ
別荘というよりは小屋ですが 奥のほうには布のインスタレーションが見えます
どこかの学生が作ったのでしょう
f0188408_11383399.jpg


f0188408_11385142.jpg


f0188408_113999.jpg


f0188408_11393563.jpg


お隣の小屋の周りの柵は斜めでこれはフィンランド古来の柵の作り方だそうです
f0188408_1141192.jpg




ではアイノラへ

f0188408_11464038.jpg


そのあとハロセンニエミに行く予定です
f0188408_11474015.jpg


アイノラのゲストハウスでお茶をしましたが
居心地のいいソファ ウェルカムドリンクの愛らしさ さわやかさにやられました!
f0188408_11513656.jpg


f0188408_11515723.jpg


f0188408_11521647.jpg


シールが入場券です
f0188408_11525834.jpg


f0188408_1153197.jpg


f0188408_11533755.jpg


建物の内部は撮れませんが 芸術大学のイケメン男子がすべての部屋とエピソードを盛り込んで
案内してくれました
シベリウスは偉大な作曲家ですが家族にとってはなかなかの困ったさんで一切の家庭音を嫌います
水道の音を嫌いアイノは庭の井戸から毎日そっと水を運んだこと
 こどもの声を立てないように苦心したこと   シベリウスが亡くなるとすぐに水道を引き台所を最新式に変えてしまったことなどなど、、^^


お子さんの写真    まだまだご健在です
f0188408_12104572.jpg


シベリウスはアイノとリンゴの木の下で眠ります
f0188408_12124987.jpg


f0188408_1213899.jpg


アイノが設計したサウナ小屋
f0188408_12142311.jpg


f0188408_12144463.jpg


f0188408_12154967.jpg


アイロンのように リネンや服をプレスするツールです
f0188408_12171491.jpg


井戸の一つ
f0188408_12174879.jpg


冷蔵庫ではなく冬の凍結からジャガイモなどを保存します
有名な割に生活の苦しい一家のため 庭の全部を畑にしてアイノは耕したそうです
f0188408_12204333.jpg


リンゴの木の下でエエロと
f0188408_12212185.jpg


アイノラの裏側です
f0188408_12215971.jpg



お昼にしましょう
ということで 女性の参戦記念ミュージアムへ
f0188408_1343831.jpg


f0188408_1224160.jpg


f0188408_12242626.jpg


ここでは本格的フィンランド家庭料理がいただけます
ミートボール ジャガ芋のふかしたものに 生クリームとスパイス チーズを合わせたクリームをかけ 好きなだけコケモモジャムをかけます    それに豆スープはお代わり自由
世界第2位のコーヒー消費国のフィンランド  コーヒーもついてきます
カール フェッツェルのチョコもついて3人分でヘルシンキの一人の朝ごはん代!!
f0188408_12332159.jpg




ハロセンニエミへ移動します
ハロセンはやはりフィンランドを代表する自然画家でその自邸でありアトリエであった場を訪問します
フィンランドの団体さんはバスで乗り付けます
f0188408_1236348.jpg


f0188408_12392026.jpg



北側に大きな採光窓があり絵を描く環境としてすぐれています
現在は他の自然画家の展覧会場としても使われています
f0188408_12394835.jpg


f0188408_12474982.jpg


内部は撮れませんがハロセンが描いたこの家のぐるりの自然の四季が壁面に展示されています
生活音には全く無頓着だったようでしばしば芸術家のパーティーが繰り広げられたそうです

サウナ小屋
f0188408_12485251.jpg


ここで涼むんだよ
f0188408_13573486.jpg


貴重な体験ありがとうございました!
f0188408_12503680.jpg


93歳のお母様をコンサートにお連れするという夫妻とホテルでお別れしたあとは
中央駅前のアテネウム美術館へ
スケジュールがパンパンの人でもここだけは押さえてほしいと思います
フィンランド最大の美術館   常設はもちろん 3階の企画展にもすばらしいものを持ってきています
ニューヨーク画壇で活躍した肖像画家 アリス ニールの企画展 日本でも会いたい圧倒的ど迫力ものでした。
[PR]

by kerinosu | 2016-10-02 11:41 | Event | Trackback

Finland report 5

f0188408_922630.jpg


f0188408_925740.jpg


f0188408_931922.jpg


f0188408_934553.jpg


f0188408_941339.jpg


南港マーケット広場のハービス アマンダの像に朝日が当たってシルエットになっています
カフェ カッペリにもオールドマーケットにも朝日が差し込みます
外灯はまだ消されていません

早起きをしました

高速艇で1時間半から2時間でお相撲さんの把瑠都の祖国 エストニアに着きます
観光客に人気のタリンの旧市街を目指しましょう
バルト海クルーズでメジャーなのはシリアラインですが 私が使ったのはリンダライン
往復で50ユーロ余り ネット予約だとさらにお安くなります

パスポートを用意して出航を待ちます
f0188408_9174979.jpg


船内は快適  シナモンロールとコーヒーで朝食を^
f0188408_9213394.jpg


ちょっと行ってきま~す
f0188408_9312420.jpg



船に乗っている間 少しエストニアについてさらっておきましょう

エストニア共和国
バルト三国の一番北にありラトビアがその南 その南にリトアニア
20数年前にロシアより独立を果たしましたが かつてソ連より一度独立を勝ち取ったものの覇権を奪われるなど 厳しい過去を持つ国のひとつです。
今のウクライナ情勢がまたエストニアにもふりかかってくるのではないかという不安があり
NATOに加盟 EUに加盟 またIT産業にはSkypeが開発されるなど力を集約しています。
ユーロが使え 英語が話せれば問題ありません

フィンランドでは24%の付加価値税がたいていのものに着きますがエストニアでは税金は安く
特にスーパーマットでは激安の印象です。(旧市街のお土産物屋さんは盛っています)

目指すタリン旧市街歴史地区は世界遺産に指定されています



船が着いたようです
f0188408_19141764.jpg


では実際に歩いてみましょう

f0188408_19145233.jpg


f0188408_19151779.jpg


f0188408_19153671.jpg


f0188408_19155746.jpg


緩やかな登りの坂道の両脇がことごとく中世
f0188408_19173822.jpg


カワイイお土産屋さんで 気に入ったものは買います
f0188408_19202095.jpg


f0188408_19204021.jpg


f0188408_1921057.jpg


f0188408_19212733.jpg


f0188408_19214990.jpg


f0188408_1922854.jpg


f0188408_19224294.jpg


黙々と歩きましたが 石畳はかなりきます
歩きやすい靴が必須

小さな町ですが横道が気になり入ると違う表情があります

カフェもいろいろあるので休みながら歩きましょう

人だかりのある広場は市民広場で観光客相手のワゴンがいっぱい並びます
この広場にはすぐ着いてしまいますがほぼ真ん中にあるので何度も戻ってくることになります


お買い物は路面店をいろいろ覗いてからにしましょう


f0188408_19363532.jpg


f0188408_1938265.jpg


これが城壁 この内側が歴史地区です
f0188408_19385261.jpg


f0188408_19402996.jpg


お昼にしましょう
オルデ ハンザ ここは中世のレシピをそのまま
中世の雰囲気の店内で中世のコスプレの店員さんがサービスしてくれます   面白そう!
市民広場の裏にあります
f0188408_19454999.jpg
   

f0188408_19461616.jpg


f0188408_19463786.jpg


f0188408_19473100.jpg


f0188408_19472270.jpg


f0188408_19474212.jpg


トイレも本気モード
f0188408_19495026.jpg


では展望台まで登りましょう
f0188408_19533123.jpg


f0188408_13585645.jpg






正直足がヘロヘロです

お土産物 買おう   海外で迷ったら買い!!ときめてるあたし。

f0188408_2013839.jpg
 

f0188408_2015985.jpg


f0188408_2022528.jpg


f0188408_2024399.jpg


そんな中で作家物の陶器に引き付けられました
クリスティーヌという30代の作家の絵付けは人をハッピーにする力を持っています
しかしなかなかいいお値段です
この写真の中の2点を求めました
f0188408_208176.jpg


f0188408_2081974.jpg


市民広場に戻りましょう
f0188408_2092761.jpg


f0188408_2010062.jpg



ここではカードが使えません
小さな段ボール箱に入ったこの手作りの森のお家がとても気に入り 値段交渉をしましたが負けてくれません
有り金全部を使いきる勢いで買いました
f0188408_20102548.jpg


彼女は台所で これを作っているのだそうです
この段ボールの箱の他は皆が売ってるお土産品です
売り方次第で十分作家としてやっていける人だと思います
f0188408_20185072.jpg




今は家の台所にいます  11月のキッズ発表会でのクリスマスデコレーションに使うことにしましょう
f0188408_2056234.jpg


夕方の船の待合所にはお酒なども販売されているので
次の日お世話になるミルヤさんたちへのワインを求めました
[PR]

by kerinosu | 2016-09-30 09:31 | Event | Trackback

Finland report 4

ヘルシンキ中央駅

マリメッコアウトレットからアラビア工場へ

ヘルシンキ中央駅です
時計塔がランドマークになるこの駅は建築家サーリネンによるフィンランド名建築の一つです
正面入り口に2体づつのランタンを持つ男たち(彫刻家ヴィクストロムの作)は威圧的な感じも受けますがヘルシンキ子に愛されているキャラクターです

f0188408_13321539.jpg


f0188408_13135730.jpg


f0188408_13143259.jpg


f0188408_131565.jpg


後期アールヌーヴォー様式の100年前に建てられたこの建物はフィンランド産の御影石をふんだんに使い重々しくも 曲線を多用しているせいかやさしい印象をうけます。

重厚な扉
f0188408_1333288.jpg


差し込む光と照明 アールがうまくとけあっています
f0188408_133547.jpg


f0188408_13352479.jpg


なぜか中世の女の人が、
f0188408_1336588.jpg


100年前のセンス!ではなく多分もとは切符売り場?
f0188408_13381486.jpg


コンコースは居心地がよくカフェやお花屋さんが多数入っています。
f0188408_13394652.jpg


f0188408_1340634.jpg


f0188408_13403044.jpg


f0188408_1340518.jpg


もう一つの扉を開けて列車へ
ここを起点に地方への長距離列車 近距離列車が発車します。
f0188408_13463955.jpg


f0188408_13472725.jpg


そして地方から列車でとどいたかもしれないベリーや農産物のワゴンも!
f0188408_1349541.jpg


f0188408_1349244.jpg

木曜日はグリンピースのスープを食べる日だそうです


マリメッコアウトレットへは地下鉄で行くので地下に降りてみましょう

地下街はそう広くはありませんが グミのお菓子屋さんや日本でもよく見かける石鹸屋さんも
f0188408_1358592.jpg


f0188408_13593229.jpg


このお店は上に路面店もあります
f0188408_1359485.jpg




地下鉄は1本しかありません 
f0188408_1423192.jpg


ここで雅代さん マルクと待ち合わせ マルクさんの車でマリメッコへ

しかし ずらりと並んだアウトレットのお洋服はマリメッコ的大胆な柄で着こなすのはむつかしく
端切れコーナーも期待外れで   アラビア工場へ

ハマナスに似たバラの花を持つ雅代さん
f0188408_1491019.jpg


マルク (笑)
f0188408_149381.jpg



日本人観光客ならまず外さない場所なので しかもお金を落とすので10年前はなかった新館が増設され ミュージアムやほかのお店も増えています
f0188408_1417622.jpg


f0188408_14173756.jpg


裏も含めてすべすべで程よい重さのあるアラビアの陶磁器は世界中にファンを持つフィンランドブランドですがインターナショナルブランドに成長したガラス器のイッタラの傘下に入りました。

ですのでイッタラの製品も同時に見ることができます。
f0188408_142913100.jpg


カイピアイネン オリゴ ムーミン のシリーズのいくつかをお買い上げ

同じフロアにフィンレイソンのアウトレットもあります

新館にはペンティックのアウトレットがあり 個人的にはこちらのほうがそそりました!
ぬくもりがあり 家に置いておきたいと思わせるデザインばかりでした
ここでろうそくや木の製品をお買い上げ


f0188408_14434530.jpg


f0188408_14345168.jpg


f0188408_14351086.jpg


f0188408_14352725.jpg


f0188408_14354850.jpg


ヘルシンキに戻り皆さんとディナー!!
[PR]

by kerinosu | 2016-09-29 13:50 | Event | Trackback

Finland report 3

ではスオメンリンナを目指しましょう

スオメンリンナはもともと海上要塞として作られました

現在では市民の憩いの場としてマーケット広場からフェリーで15分で着きます
料金はトラムと同じ 

現在800人程度の住民の方が住んでいるので学校などの公共施設もあります

この海上要塞はスウェーデン統治下でもともとスウェーデン軍指揮のもと作られたものなのですが
戦争でロシアの海軍基地となります

あとのほうに出てくる大砲はスウェーデンを向いているのです!

1918年 フィンランドのものになり名をスオメンリンナと名付けらました

前にも言いましたがフィンランドはたかだか100年前に独立した国なのです!


では島に向かいましょう

フェリー乗り場で帰りの時間を確認する宮田雅代さん
あ   ピアニスト雅代さんとはここで待ち合わせしました!
f0188408_1034748.jpg


かもめに追われつつフェリーは島へ
f0188408_1035376.jpg


f0188408_1035187.jpg


このゲートが入口です
f0188408_10355675.jpg


なにげにカワイイゴミ箱 この島のごみ箱はこの灯台?の形  ものすごく撮りましたが割愛^^
f0188408_10375482.jpg


ここだけでなくヘルシンキのいたるところにあるナナカマドの木
ですが日本の葉が紅葉するナナカマドとは別物の気がします
f0188408_10402713.jpg


スオメンリンナ教会  ぐるりと取り囲む重ったそうな鎖がいかつい!
塔の上は現在灯台として稼働し もちろん教会ですので結婚式場としても人気だとか
f0188408_10445140.jpg


いかつい!  ただしこの鎖はのちに取り付けられたそうです
f0188408_10462246.jpg



通りに沿って歩いていきましょう
f0188408_1051288.jpg


f0188408_10514649.jpg


f0188408_1052356.jpg


橋を渡りもう一つの島へ移動してみましょう
f0188408_10531212.jpg


f0188408_10533452.jpg


f0188408_10535418.jpg




戦争捕虜キャンプとして使われていた時代がありますが
厳しい 冷たい感じの造りです
f0188408_10572299.jpg


f0188408_105759100.jpg


f0188408_10582087.jpg


f0188408_10583698.jpg



さて こんなところに
実は裏千家 千宗室監修のお茶室があることはあまり知られていません!!
要塞の石の中にある軽やかなお茶室!  ギャップがものすごいです
f0188408_11135683.jpg


亭主のマルクさんは雅代さんのお友達で裏千家の茶道をマスターし
フィンランドで茶道を教えておられます
旅のあとのほうで泊めていただく田舎のマルクのご両親のお家 自然は圧倒的です!
なかなかそこまで行きつきませんが、、

長着と袴に着替えるまで
f0188408_11141735.jpg



お水屋も本格的    後ほどお茶会に客として参加させていただきましたが
その写真は撮れません
f0188408_11143839.jpg


f0188408_1141016.jpg



島を散策してみましょう
f0188408_11421410.jpg


f0188408_11433472.jpg


f0188408_11435475.jpg


f0188408_11441396.jpg


f0188408_11443528.jpg


f0188408_1145145.jpg


f0188408_11451884.jpg


f0188408_11454510.jpg


f0188408_11461682.jpg


f0188408_1147015.jpg


清楚な雅代さんは絵のよう!
f0188408_11471943.jpg


キングスゲートはこの島のシンボルです
スウェーデンのキングが視察のためここに錨を下した場所だそうです^
f0188408_11474159.jpg


この日はフィンランドで日本語を学ぶ大学生の皆さんと 先ほどの茶室で一服いただき
雅代さんのフィンランドの友人の方たちとの
ヴァイキング料理屋さんでの会食となりました
f0188408_16561866.jpg


f0188408_16564185.jpg




ここでお会いしたミリアとエエロ夫妻にアイノラなどへのドライブをお誘いいただきました
そのお話は また後程!
[PR]

by kerinosu | 2016-09-27 10:58 | Event | Trackback

Finland report 2

2日目

スオメンリンナで行われるお茶会への参加がメインですが
それまでに色々 お役立ち情報などを!

ヘルシンキ中央駅の駅前ホテル  ソコス ヴァークナからの部屋からの眺め
部屋は駅の反対側  必要なものは何でも5分も歩けば買えます
トラムの駅がほぼ全部あります
f0188408_1225031.jpg


グルテンフリーのコーナーありの朝食ブッフェ
f0188408_12285470.jpg


f0188408_12292278.jpg


ではエスプラナーデ通り(公園に沿って北と南通りがあります)をとおり
港のあるマーケット広場を目指しましょう

ヘルシンキで一番高級な!百貨店ストックマン
西欧諸国ならさしずめ女神像がここでは鍛冶屋像
f0188408_12411760.jpg


f0188408_12423052.jpg


f0188408_12491346.jpg


f0188408_12495799.jpg


エスプラナーデ通りを入るとカフェ アアルト(かもめ食堂でも出ていますね)の入るアカデミア書店があります

アアルトデザインの店内には書籍はもちろん ムーミンコーナー併設です

f0188408_1251921.jpg


f0188408_12513312.jpg


f0188408_1252081.jpg


f0188408_12522586.jpg


f0188408_12524780.jpg


f0188408_12531430.jpg


f0188408_12533911.jpg


画材コーナーで面白い水彩ペレットをお買い上げ
f0188408_1255516.jpg

マジックインキ
f0188408_12555291.jpg


通りと一本入った通りにはブランド店が並びます

後日アラビア工場にいくにしても正規のイッタラの値段をしらべておきましょう
f0188408_12573241.jpg


カフェ エスプラナーデ  気分よくお茶できます
f0188408_1311373.jpg


エスプラナーデ公園の端にはカフェ カッペリ があり本日のスープが人気ですが
目の前には南港とマーケット広場があり10ユーロぐらいで山海のうまいものとサラダがてんこ盛りしてもらえる露店があるのでそちらがおすすめです。
カッペリ前の公園ベンチはカッペリの無料wifiが使えます^

f0188408_1365921.jpg


f0188408_13281027.jpg


f0188408_13282865.jpg



f0188408_1394252.jpg


f0188408_13103189.jpg


f0188408_13105411.jpg


雨の日でも冬でも開いている屋内のオールドマーケットまで向かって海の右伝いを歩いてみましょう
f0188408_13304981.jpg


f0188408_13311538.jpg


f0188408_13313240.jpg


f0188408_13322148.jpg


f0188408_13324068.jpg


f0188408_1333139.jpg


f0188408_133318100.jpg


なかなかスオメンリンナまでたどりつきません

次回で!
[PR]

by kerinosu | 2016-09-26 12:42 | Event | Trackback

Finland report 1

時差ボケもようやくおさまり
フィンランドの旅行をぼちぼち振り返ります

フィンランドは来年でようやく建国100年を迎える 実はとても若い?国です。

他国との戦争を余儀なくされ 侵略を繰り返された実は疲弊した国でした

何しろ氷河期のおかげで岩盤の上にある土壌は30~40センチしかありません

ひとたび冷害に襲われれば即人々の生死にかかわる事態になりました

若い人たちの北欧のおしゃれなイメージは ことフィンランドに関しては
EUに加盟して以来のヨーロッパ各国の物資が潤沢に入るようになってからの
ものといえるでしょう。

さあ 前置きはこのくらい

私の訪れた各場所は本当にきれいでおしゃれで ここに住みたい!と思わせるような
ところばかりでした。

特に最後に訪れた田舎のお家 自然 体験は素敵すぎて 言葉にならないくらいです。

ピアニストの宮田雅代さんに心から感謝しています
彼女のお友達 マルクさんとそのお友達 ご家族のおかげで実現した貴重な体験の数々のレポート

長くかかりそうです。

何日にもわたってレポートしますので どうぞお付き合いください!!



フィンエアーは関空から一日一本ずつ出発便 帰国便を出しています。
行きはおよそ10時間 出発時間は 10時40分ごろ

ヘルシンキ ヴァンター空港へは3時過ぎにつきます
フィンエアーバスで市内まで30分余り 十分その日からうごけます。

あ   こんな調子でやってたらいくら時間があっても足りないな、、

はしょります!

f0188408_1345545.jpg


中央駅の真ん前がホテルなので超便利な立地でほとんどその気になれば
有名どころは歩くことも可能です

真裏がカンピショッピングセンター
コンセントのコネクターを忘れたことに気付き焦りましたが ここの1階奥の電気屋さんで買うことができました。

f0188408_13105846.jpg


f0188408_13112079.jpg


f0188408_13113798.jpg


f0188408_13115853.jpg

自転車専用レーンがあり 修理屋さんがあり アップダウンなしで自転車は脚です

f0188408_1314663.jpg

トラムは市内をカバー

f0188408_13153121.jpg

冬の凍結による夏の道路工事はいたるところで

f0188408_13165228.jpg


f0188408_13171494.jpg


f0188408_13173513.jpg

昔おしゃれして出かけた社交の場のエスプラナーデ公園は市民の憩いの場で
道路向かいにブランド店が並びます

f0188408_13201973.jpg

ムーミンはいたるところにいます


はしょれない!!!^
[PR]

by kerinosu | 2016-09-23 12:49 | Event | Trackback