「ほっ」と。キャンペーン
ケリノスギャラリーカフェ

<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

久しぶりに畑へ

自然農法といえば雑草は取り去らない肥料さえも入れない   それでお野菜が採れるならと飛びついたのが3年前。。

ですがそんないい話には裏がやはりあって( もちろんそれで成功してらっしゃる方はたくさんあるようです) 
私の場合は土をごそごそやってるのが楽しいので収穫ははなっから期待はしていませんでした。

f0188408_1575019.jpg
 

しかしそれにしてもこのカブは、     小さい あまりにも。  これで一人前 成人?です。


f0188408_1510561.jpg


チンゲンサイ  10センチぐらいですが花が咲きそうです。 ミントと共生中。

f0188408_15132684.jpg


こぼれ種で毎年芽を出すカモミール。  5月に花が咲くと収穫です。

f0188408_1517813.jpg


とはいえこの畑はセリが自生し 夏には菊芋の黄色い花でいっぱいになります。

なので おとぎのはたけ です。

f0188408_1521388.jpg


始めてトムを放してみました。  ビビリのトムがお母さんの姿をちらちら見ながら駆けまわっていました。
また来ようね。

f0188408_15244856.jpg


カフェで使うお野菜はプロフェッショナルが作った無農薬。  オーガニック な肥料をこの子たちはどれだけいただいたことでしょう。

f0188408_15274590.jpg












応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ

[PR]

by kerinosu | 2012-02-29 15:29 | in my garden | Trackback

ヴァレンタインでチョコやらをもらった彼女は


2人の娘たちが社会人になったのを機に2年前このギャラリーカフェを始めました。
それまではアトリエと少人数の絵のレッスンに15年間この空間を使ってたので まあのんびりとしたものでした。

娘の絵の才能はどうやら父方を継いだものらしく 絵といえばチューリップ あひるさん。 もう一人の娘はもう少しマシでしたが いづれにしても2人ともまったく違った職業についています。

それはともかく 上の娘が同僚の女の子たち!からもらったチョコやらのお返しにあせって ここでクッキーを焼きました。

f0188408_1574943.jpg


友達に写メを送りつつ焼いたクッキーは やはり あひるさんや ライオンさんでした。

f0188408_15103147.jpg


f0188408_15112661.jpg

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ

[PR]

by kerinosu | 2012-02-20 15:13 | Trackback

山に雪が おっと、、

ウチはお昼には前日までの予約でランチをやっています。

マクロビ的ランチ 的というのはあまりストイックにやりきっていないからで少しお肉や魚なども出しますし お汁のベースにはカツオを使うこともあるので 本気のマクロビ派のかたには固まってしまわれたら困るのでやはりここで断っておきます。

要は体にいいと思う食材とお料理の方法で しかも私が美味しいと思えばそこは自信を持ってお出しします。
絵を展示する時ととても似ています、というか同じだなと最近すごく思います。

ですからオーナーとして、この言葉好きです、やりたいようにやれるこの場所はとても居心地のいいところです。


そして夕方からキッズの英会画  を入れる日があります。

せっかく来てくれたキッズとママたちでしたが一昨日は雪がレッスンをはじめたころからずんずん降り始めました。   10分ぐらいで 今日はおしまいにしましょう と決め帰ってもらいました。



フナモトママは1歳前後の幼児のベビーサインの先生です。  言葉を発する前の赤ちゃんの意思を赤ちゃんは手の動きでママに伝えるようになる そのメソッドをママたちに教えることで おそらくはママの情緒の安定にも大いに役立っているのではないかと私は思います。    フナモトママのブログ            Kママも才能の豊かなママで 英会画 の名付け親でもあります。


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ
f0188408_15352499.jpg

[PR]

by kerinosu | 2012-02-19 15:15 | Lesson | Trackback

2月の花は

20代のころ夫の仕事の関係で千葉の習志野に少し住んでいたことがあります。
まだ子供もいなくて身軽だったので気の向くまま房総の内陸や海沿いをぐるっと転がしていました。

温暖な南斜面を利用して花の栽培がハウスや路地でなされていて 2月でもふんわり早春の景色をたのしむことができました。   2月のハウスの中はストックの花の香りで充満していました。  好きなだけ切ってその分量のお代金を支払うのですが そのシステムは30年たった今でも同じなのではないでしょうか。

そのストックをお教室のナガオさんがお持ちくださいました。

f0188408_17155976.jpg


もっともご夫君の命日に合わせて毎年千葉から取り寄せられる大きな花束のおすそわけをウチはいただいているという塩梅です。

f0188408_17231635.jpg


今は6人の生徒さんが月一で集まって話の花が咲き 一枚の花の絵を仕上げています。

なによりうれしいのは 大きなご病気から復帰されたオクダさんがまた復活されたことです。

f0188408_17282151.jpg


途中で入れるブレイクにはお雛様をもじったクレープを。

f0188408_17315148.jpg



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ

[PR]

by kerinosu | 2012-02-18 17:36 | Lesson | Trackback

雑穀とは失礼な!と言うひとあり

あわ ひえ きび 麦 など 雑穀という言い方をしますが ある人がえらい怒っていました。
雑というのがアカンそうなのです。
仮にも端正込めて育て収穫した宝石のごとき穀もつに失礼ではないか、、というのです。

確かにあんなにちまちました粒粒を育ててみようとは私は思いませんが そもそもお米の育たない所で栽培されていた穀物ですから 生きるための苦肉の策 命の穀物でもあるわけです。

一ミリにも満たないかと思える あわ きびなどをばらりとこぼすと かき集めるのに苦労しつつ もったいない
 もったいないと呪文のように唱えている私。

便宜上雑穀という私ですが かれらの尊厳は守っているのであります。

f0188408_15491067.jpg

カレーとお味噌と隠し味に甘酒の雑穀スープ

f0188408_15511597.jpg

雑穀とから味噌と干した根菜の和え物

f0188408_15522961.jpg

黄粉と雑穀のドロップクッキー。   低温で40分ぐらいじっくり焼くとかちかちになりますが有事の際の非常食になりそうです。  必ずバッグに入れて小腹がすいたとき食べます。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ

[PR]

by kerinosu | 2012-02-16 15:59 | Cafe | Trackback

Valentine card

ベルギーでチョコレートのお店を営んでらっしゃる日本の方の映像を見ました。

やはり同業他社の新作は気になるらしく 有名店の新作が出たとなるとベルギー中のショコラティエが買いにいくそうです。     かの氏は新作のアイデアを若い人向けの雑貨店などでもらったりするのだとか。

甘いものを作る過程は苦かったりするでしょう。


さてキッズのヴァレンタインカード。

f0188408_1530121.jpg

今年はラッピングまで課題です。

f0188408_15314884.jpg

年長な彼女たちには自分が新作チョコを作るなら、、とのメニューにしました。

f0188408_15342026.jpg

これ ママの作品です。  

f0188408_1537529.jpg

左側のおっきな手はママの代わりに参加して下さったパパの手です。
一緒に作ったカードの内緒の行き先はやはりパパなのでした。

f0188408_15415422.jpg


なんとも甘いカードたちです。




応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ

[PR]

by kerinosu | 2012-02-12 15:14 | Lesson | Trackback

雑穀を使ってみよう

一昔前に比べると有機食品店がずいぶん増えました。
特に苦労しなくても雑穀などは手に入ります。

f0188408_1536185.jpg




さてどう使うかとなるとそこそこのイマジネーションがいると思います。
お米と一緒に炊き込むのは一番定番ですが定番過ぎてつまりません。 なにしろ人とは違うことをやりたくなる性です。  

まず腕組みをする。    とりあえず炊いてみる。  味をみる。 そうそう旨いもんではないと独り言を言う。
しかし何かの形にしなければ負けた気がする。    いくつか作ってみる。

f0188408_1518795.jpg

雑穀を炊いて生姜と焼いたクッキー。   チョコ乗せ。

f0188408_1520956.jpg

かぼちゃとサツマイモのニョッキのクリームに大麦を沈めました。

f0188408_15215228.jpg

ひよこ豆と雑穀のクレープ  ソースはマスタードヨーグルト 辛味噌。









応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ

[PR]

by kerinosu | 2012-02-11 15:37 | Cafe | Trackback

どうやら女性は90歳まで生きるようになるそうな

あと50年もするとまだ平均寿命は延びて女性は90歳まで生きるそうです。
で 2.5人に一人は老人の時代が来るそうな、、    年金もおぼつかないし若い人たちにはあまり輝かしい未来が約束されているとは言えないご時世です。

50歳を過ぎた私たち、しかしそれでも生きてることは楽しい。 よぼよぼになろうがやはりこの世に起こっていることのあらましを一日でも長く眺めていたいと願うのです。

ともかく自力で元気でいたい     さあそんなこんなでやはり食べるものにこだわるのは正解でしょう。

昨今は塩麹ばやりですが発酵食品を食べていると確かに調子がいいのを実感します。
ですからウチのカフェでも発酵食品はどんどん取り入れています。

といってもお味噌やお醤油や酒粕やヨーグルトのいいものを選んで多用するだけなので特別なことではありません。   まず自分で食べて旨いものを出しているだけです。

今は冬なので根菜類を干しておくと凍ることはあっても腐ることはまずありません。
味も栄養素も増えるので  しかも干している風情もなかなかいいのでアリです。

f0188408_15534569.jpg


f0188408_15554913.jpg

酢で甘酢づけに お醤油ではりはり漬に

f0188408_15574822.jpg


f0188408_155881.jpg


f0188408_15583211.jpg

煮物や和え物やお汁に酒粕やお味噌が隠し味で入っています。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ

[PR]

by kerinosu | 2012-02-08 16:03 | Cafe | Trackback

クレープにはジャムがキメ手

ヴァレンタインデーが近づくと巷にはあまーいチョコの広告が目に付くようになります。

技巧の粋を尽くした誰それショコラティエのチョコは年々複雑になりまるで宝石のよう!  なのですが
あまり細やかな技術?を見せつけられると私などは少々疲れます。

でホワイトチョコのほっとドリンクです。  ほんのりピンク色なのがせいぜい凝ったところです。

f0188408_12542469.jpg


ところでクレープといえばフランスのお菓子ですが そもそも家庭のお菓子で格家庭にクレープ焼きの達人がいるようです。   彼にまかせれば間違いない、、という一芸に秀でた若い衆。    もちろん度重なる失敗の末に会得した技です。   フライパンひとつでできるお手軽なおかしですがなかなか奥が深いものでもあります。

f0188408_1315019.jpg


四つ折りにして上からただただ粗糖をふりかけたものから ブランデーでフランべして供するものまで様々です。        わたしはポンカンと生姜とはちみつうを混ぜたものをジャムかわりにしたりします。


ポンカンのビンのものをアツアツのお湯で割るホットドリンクはこの冬欠かせません。

ポンカンと生姜とはちみつに酒粕を混ぜてケーキを焼きました。   ほろ苦い感じが大人っぽくて好きです。
定番のキャロットケーキもおついでに。

f0188408_13143352.jpg





応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ

[PR]

by kerinosu | 2012-02-06 13:16 | Cafe | Trackback

いちやさんの木のバッグ なりこさんのお帽子

いちやさん、男性です、が作った木のバッグは素材が屋久杉であったり 桐であったりします。
かっちりとしたつくりで いかにも男性の手になるものといったフォルムです。

f0188408_14333942.jpg


もちろん一点もの、 というか一点しか作る気がないようです。

f0188408_1435029.jpg


なりこさんの新作のお帽子です。

f0188408_1436165.jpg


4000円から6500円までのリーズナブルな価格設定です。





応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 クリエイティブライフ

[PR]

by kerinosu | 2012-02-04 14:38 | Gallery | Trackback