ケリノスギャラリーカフェ

Finland report 5

f0188408_922630.jpg


f0188408_925740.jpg


f0188408_931922.jpg


f0188408_934553.jpg


f0188408_941339.jpg


南港マーケット広場のハービス アマンダの像に朝日が当たってシルエットになっています
カフェ カッペリにもオールドマーケットにも朝日が差し込みます
外灯はまだ消されていません

早起きをしました

高速艇で1時間半から2時間でお相撲さんの把瑠都の祖国 エストニアに着きます
観光客に人気のタリンの旧市街を目指しましょう
バルト海クルーズでメジャーなのはシリアラインですが 私が使ったのはリンダライン
往復で50ユーロ余り ネット予約だとさらにお安くなります

パスポートを用意して出航を待ちます
f0188408_9174979.jpg


船内は快適  シナモンロールとコーヒーで朝食を^
f0188408_9213394.jpg


ちょっと行ってきま~す
f0188408_9312420.jpg



船に乗っている間 少しエストニアについてさらっておきましょう

エストニア共和国
バルト三国の一番北にありラトビアがその南 その南にリトアニア
20数年前にロシアより独立を果たしましたが かつてソ連より一度独立を勝ち取ったものの覇権を奪われるなど 厳しい過去を持つ国のひとつです。
今のウクライナ情勢がまたエストニアにもふりかかってくるのではないかという不安があり
NATOに加盟 EUに加盟 またIT産業にはSkypeが開発されるなど力を集約しています。
ユーロが使え 英語が話せれば問題ありません

フィンランドでは24%の付加価値税がたいていのものに着きますがエストニアでは税金は安く
特にスーパーマットでは激安の印象です。(旧市街のお土産物屋さんは盛っています)

目指すタリン旧市街歴史地区は世界遺産に指定されています



船が着いたようです
f0188408_19141764.jpg


では実際に歩いてみましょう

f0188408_19145233.jpg


f0188408_19151779.jpg


f0188408_19153671.jpg


f0188408_19155746.jpg


緩やかな登りの坂道の両脇がことごとく中世
f0188408_19173822.jpg


カワイイお土産屋さんで 気に入ったものは買います
f0188408_19202095.jpg


f0188408_19204021.jpg


f0188408_1921057.jpg


f0188408_19212733.jpg


f0188408_19214990.jpg


f0188408_1922854.jpg


f0188408_19224294.jpg


黙々と歩きましたが 石畳はかなりきます
歩きやすい靴が必須

小さな町ですが横道が気になり入ると違う表情があります

カフェもいろいろあるので休みながら歩きましょう

人だかりのある広場は市民広場で観光客相手のワゴンがいっぱい並びます
この広場にはすぐ着いてしまいますがほぼ真ん中にあるので何度も戻ってくることになります


お買い物は路面店をいろいろ覗いてからにしましょう


f0188408_19363532.jpg


f0188408_1938265.jpg


これが城壁 この内側が歴史地区です
f0188408_19385261.jpg


f0188408_19402996.jpg


お昼にしましょう
オルデ ハンザ ここは中世のレシピをそのまま
中世の雰囲気の店内で中世のコスプレの店員さんがサービスしてくれます   面白そう!
市民広場の裏にあります
f0188408_19454999.jpg
   

f0188408_19461616.jpg


f0188408_19463786.jpg


f0188408_19473100.jpg


f0188408_19472270.jpg


f0188408_19474212.jpg


トイレも本気モード
f0188408_19495026.jpg


では展望台まで登りましょう
f0188408_19533123.jpg


f0188408_13585645.jpg






正直足がヘロヘロです

お土産物 買おう   海外で迷ったら買い!!ときめてるあたし。

f0188408_2013839.jpg
 

f0188408_2015985.jpg


f0188408_2022528.jpg


f0188408_2024399.jpg


そんな中で作家物の陶器に引き付けられました
クリスティーヌという30代の作家の絵付けは人をハッピーにする力を持っています
しかしなかなかいいお値段です
この写真の中の2点を求めました
f0188408_208176.jpg


f0188408_2081974.jpg


市民広場に戻りましょう
f0188408_2092761.jpg


f0188408_2010062.jpg



ここではカードが使えません
小さな段ボール箱に入ったこの手作りの森のお家がとても気に入り 値段交渉をしましたが負けてくれません
有り金全部を使いきる勢いで買いました
f0188408_20102548.jpg


彼女は台所で これを作っているのだそうです
この段ボールの箱の他は皆が売ってるお土産品です
売り方次第で十分作家としてやっていける人だと思います
f0188408_20185072.jpg




今は家の台所にいます  11月のキッズ発表会でのクリスマスデコレーションに使うことにしましょう
f0188408_2056234.jpg


夕方の船の待合所にはお酒なども販売されているので
次の日お世話になるミルヤさんたちへのワインを求めました
[PR]

# by kerinosu | 2016-09-30 09:31 | Event | Trackback

Finland report 4

ヘルシンキ中央駅

マリメッコアウトレットからアラビア工場へ

ヘルシンキ中央駅です
時計塔がランドマークになるこの駅は建築家サーリネンによるフィンランド名建築の一つです
正面入り口に2体づつのランタンを持つ男たち(彫刻家ヴィクストロムの作)は威圧的な感じも受けますがヘルシンキ子に愛されているキャラクターです

f0188408_13321539.jpg


f0188408_13135730.jpg


f0188408_13143259.jpg


f0188408_131565.jpg


後期アールヌーヴォー様式の100年前に建てられたこの建物はフィンランド産の御影石をふんだんに使い重々しくも 曲線を多用しているせいかやさしい印象をうけます。

重厚な扉
f0188408_1333288.jpg


差し込む光と照明 アールがうまくとけあっています
f0188408_133547.jpg


f0188408_13352479.jpg


なぜか中世の女の人が、
f0188408_1336588.jpg


100年前のセンス!ではなく多分もとは切符売り場?
f0188408_13381486.jpg


コンコースは居心地がよくカフェやお花屋さんが多数入っています。
f0188408_13394652.jpg


f0188408_1340634.jpg


f0188408_13403044.jpg


f0188408_1340518.jpg


もう一つの扉を開けて列車へ
ここを起点に地方への長距離列車 近距離列車が発車します。
f0188408_13463955.jpg


f0188408_13472725.jpg


そして地方から列車でとどいたかもしれないベリーや農産物のワゴンも!
f0188408_1349541.jpg


f0188408_1349244.jpg

木曜日はグリンピースのスープを食べる日だそうです


マリメッコアウトレットへは地下鉄で行くので地下に降りてみましょう

地下街はそう広くはありませんが グミのお菓子屋さんや日本でもよく見かける石鹸屋さんも
f0188408_1358592.jpg


f0188408_13593229.jpg


このお店は上に路面店もあります
f0188408_1359485.jpg




地下鉄は1本しかありません 
f0188408_1423192.jpg


ここで雅代さん マルクと待ち合わせ マルクさんの車でマリメッコへ

しかし ずらりと並んだアウトレットのお洋服はマリメッコ的大胆な柄で着こなすのはむつかしく
端切れコーナーも期待外れで   アラビア工場へ

ハマナスに似たバラの花を持つ雅代さん
f0188408_1491019.jpg


マルク (笑)
f0188408_149381.jpg



日本人観光客ならまず外さない場所なので しかもお金を落とすので10年前はなかった新館が増設され ミュージアムやほかのお店も増えています
f0188408_1417622.jpg


f0188408_14173756.jpg


裏も含めてすべすべで程よい重さのあるアラビアの陶磁器は世界中にファンを持つフィンランドブランドですがインターナショナルブランドに成長したガラス器のイッタラの傘下に入りました。

ですのでイッタラの製品も同時に見ることができます。
f0188408_142913100.jpg


カイピアイネン オリゴ ムーミン のシリーズのいくつかをお買い上げ

同じフロアにフィンレイソンのアウトレットもあります

新館にはペンティックのアウトレットがあり 個人的にはこちらのほうがそそりました!
ぬくもりがあり 家に置いておきたいと思わせるデザインばかりでした
ここでろうそくや木の製品をお買い上げ


f0188408_14434530.jpg


f0188408_14345168.jpg


f0188408_14351086.jpg


f0188408_14352725.jpg


f0188408_14354850.jpg


ヘルシンキに戻り皆さんとディナー!!
[PR]

# by kerinosu | 2016-09-29 13:50 | Event | Trackback

Finland report 3

ではスオメンリンナを目指しましょう

スオメンリンナはもともと海上要塞として作られました

現在では市民の憩いの場としてマーケット広場からフェリーで15分で着きます
料金はトラムと同じ 

現在800人程度の住民の方が住んでいるので学校などの公共施設もあります

この海上要塞はスウェーデン統治下でもともとスウェーデン軍指揮のもと作られたものなのですが
戦争でロシアの海軍基地となります

あとのほうに出てくる大砲はスウェーデンを向いているのです!

1918年 フィンランドのものになり名をスオメンリンナと名付けらました

前にも言いましたがフィンランドはたかだか100年前に独立した国なのです!


では島に向かいましょう

フェリー乗り場で帰りの時間を確認する宮田雅代さん
あ   ピアニスト雅代さんとはここで待ち合わせしました!
f0188408_1034748.jpg


かもめに追われつつフェリーは島へ
f0188408_1035376.jpg


f0188408_1035187.jpg


このゲートが入口です
f0188408_10355675.jpg


なにげにカワイイゴミ箱 この島のごみ箱はこの灯台?の形  ものすごく撮りましたが割愛^^
f0188408_10375482.jpg


ここだけでなくヘルシンキのいたるところにあるナナカマドの木
ですが日本の葉が紅葉するナナカマドとは別物の気がします
f0188408_10402713.jpg


スオメンリンナ教会  ぐるりと取り囲む重ったそうな鎖がいかつい!
塔の上は現在灯台として稼働し もちろん教会ですので結婚式場としても人気だとか
f0188408_10445140.jpg


いかつい!  ただしこの鎖はのちに取り付けられたそうです
f0188408_10462246.jpg



通りに沿って歩いていきましょう
f0188408_1051288.jpg


f0188408_10514649.jpg


f0188408_1052356.jpg


橋を渡りもう一つの島へ移動してみましょう
f0188408_10531212.jpg


f0188408_10533452.jpg


f0188408_10535418.jpg




戦争捕虜キャンプとして使われていた時代がありますが
厳しい 冷たい感じの造りです
f0188408_10572299.jpg


f0188408_105759100.jpg


f0188408_10582087.jpg


f0188408_10583698.jpg



さて こんなところに
実は裏千家 千宗室監修のお茶室があることはあまり知られていません!!
要塞の石の中にある軽やかなお茶室!  ギャップがものすごいです
f0188408_11135683.jpg


亭主のマルクさんは雅代さんのお友達で裏千家の茶道をマスターし
フィンランドで茶道を教えておられます
旅のあとのほうで泊めていただく田舎のマルクのご両親のお家 自然は圧倒的です!
なかなかそこまで行きつきませんが、、

長着と袴に着替えるまで
f0188408_11141735.jpg



お水屋も本格的    後ほどお茶会に客として参加させていただきましたが
その写真は撮れません
f0188408_11143839.jpg


f0188408_1141016.jpg



島を散策してみましょう
f0188408_11421410.jpg


f0188408_11433472.jpg


f0188408_11435475.jpg


f0188408_11441396.jpg


f0188408_11443528.jpg


f0188408_1145145.jpg


f0188408_11451884.jpg


f0188408_11454510.jpg


f0188408_11461682.jpg


f0188408_1147015.jpg


清楚な雅代さんは絵のよう!
f0188408_11471943.jpg


キングスゲートはこの島のシンボルです
スウェーデンのキングが視察のためここに錨を下した場所だそうです^
f0188408_11474159.jpg


この日はフィンランドで日本語を学ぶ大学生の皆さんと 先ほどの茶室で一服いただき
雅代さんのフィンランドの友人の方たちとの
ヴァイキング料理屋さんでの会食となりました
f0188408_16561866.jpg


f0188408_16564185.jpg




ここでお会いしたミリアとエエロ夫妻にアイノラなどへのドライブをお誘いいただきました
そのお話は また後程!
[PR]

# by kerinosu | 2016-09-27 10:58 | Event | Trackback

Finland report 2

2日目

スオメンリンナで行われるお茶会への参加がメインですが
それまでに色々 お役立ち情報などを!

ヘルシンキ中央駅の駅前ホテル  ソコス ヴァークナからの部屋からの眺め
部屋は駅の反対側  必要なものは何でも5分も歩けば買えます
トラムの駅がほぼ全部あります
f0188408_1225031.jpg


グルテンフリーのコーナーありの朝食ブッフェ
f0188408_12285470.jpg


f0188408_12292278.jpg


ではエスプラナーデ通り(公園に沿って北と南通りがあります)をとおり
港のあるマーケット広場を目指しましょう

ヘルシンキで一番高級な!百貨店ストックマン
西欧諸国ならさしずめ女神像がここでは鍛冶屋像
f0188408_12411760.jpg


f0188408_12423052.jpg


f0188408_12491346.jpg


f0188408_12495799.jpg


エスプラナーデ通りを入るとカフェ アアルト(かもめ食堂でも出ていますね)の入るアカデミア書店があります

アアルトデザインの店内には書籍はもちろん ムーミンコーナー併設です

f0188408_1251921.jpg


f0188408_12513312.jpg


f0188408_1252081.jpg


f0188408_12522586.jpg


f0188408_12524780.jpg


f0188408_12531430.jpg


f0188408_12533911.jpg


画材コーナーで面白い水彩ペレットをお買い上げ
f0188408_1255516.jpg

マジックインキ
f0188408_12555291.jpg


通りと一本入った通りにはブランド店が並びます

後日アラビア工場にいくにしても正規のイッタラの値段をしらべておきましょう
f0188408_12573241.jpg


カフェ エスプラナーデ  気分よくお茶できます
f0188408_1311373.jpg


エスプラナーデ公園の端にはカフェ カッペリ があり本日のスープが人気ですが
目の前には南港とマーケット広場があり10ユーロぐらいで山海のうまいものとサラダがてんこ盛りしてもらえる露店があるのでそちらがおすすめです。
カッペリ前の公園ベンチはカッペリの無料wifiが使えます^

f0188408_1365921.jpg


f0188408_13281027.jpg


f0188408_13282865.jpg



f0188408_1394252.jpg


f0188408_13103189.jpg


f0188408_13105411.jpg


雨の日でも冬でも開いている屋内のオールドマーケットまで向かって海の右伝いを歩いてみましょう
f0188408_13304981.jpg


f0188408_13311538.jpg


f0188408_13313240.jpg


f0188408_13322148.jpg


f0188408_13324068.jpg


f0188408_1333139.jpg


f0188408_133318100.jpg


なかなかスオメンリンナまでたどりつきません

次回で!
[PR]

# by kerinosu | 2016-09-26 12:42 | Event | Trackback

Finland report 1

時差ボケもようやくおさまり
フィンランドの旅行をぼちぼち振り返ります

フィンランドは来年でようやく建国100年を迎える 実はとても若い?国です。

他国との戦争を余儀なくされ 侵略を繰り返された実は疲弊した国でした

何しろ氷河期のおかげで岩盤の上にある土壌は30~40センチしかありません

ひとたび冷害に襲われれば即人々の生死にかかわる事態になりました

若い人たちの北欧のおしゃれなイメージは ことフィンランドに関しては
EUに加盟して以来のヨーロッパ各国の物資が潤沢に入るようになってからの
ものといえるでしょう。

さあ 前置きはこのくらい

私の訪れた各場所は本当にきれいでおしゃれで ここに住みたい!と思わせるような
ところばかりでした。

特に最後に訪れた田舎のお家 自然 体験は素敵すぎて 言葉にならないくらいです。

ピアニストの宮田雅代さんに心から感謝しています
彼女のお友達 マルクさんとそのお友達 ご家族のおかげで実現した貴重な体験の数々のレポート

長くかかりそうです。

何日にもわたってレポートしますので どうぞお付き合いください!!



フィンエアーは関空から一日一本ずつ出発便 帰国便を出しています。
行きはおよそ10時間 出発時間は 10時40分ごろ

ヘルシンキ ヴァンター空港へは3時過ぎにつきます
フィンエアーバスで市内まで30分余り 十分その日からうごけます。

あ   こんな調子でやってたらいくら時間があっても足りないな、、

はしょります!

f0188408_1345545.jpg


中央駅の真ん前がホテルなので超便利な立地でほとんどその気になれば
有名どころは歩くことも可能です

真裏がカンピショッピングセンター
コンセントのコネクターを忘れたことに気付き焦りましたが ここの1階奥の電気屋さんで買うことができました。

f0188408_13105846.jpg


f0188408_13112079.jpg


f0188408_13113798.jpg


f0188408_13115853.jpg

自転車専用レーンがあり 修理屋さんがあり アップダウンなしで自転車は脚です

f0188408_1314663.jpg

トラムは市内をカバー

f0188408_13153121.jpg

冬の凍結による夏の道路工事はいたるところで

f0188408_13165228.jpg


f0188408_13171494.jpg


f0188408_13173513.jpg

昔おしゃれして出かけた社交の場のエスプラナーデ公園は市民の憩いの場で
道路向かいにブランド店が並びます

f0188408_13201973.jpg

ムーミンはいたるところにいます


はしょれない!!!^
[PR]

# by kerinosu | 2016-09-23 12:49 | Event | Trackback

英会話と水彩画のレッスン

英会話と水彩画を両方やる大人向けのレッスンです。

時間はほぼ2時間半

集中してやるので時間はあっという間に過ぎます

 ある意味の非日常をやってみたい方は

kerinosu@gmail.com
0743-73-1933

f0188408_1318365.jpg


f0188408_131915.jpg


f0188408_13192047.jpg


f0188408_13194178.jpg


f0188408_1320179.jpg


このレッスンでは英会話のレベルにあわせるのでマンツーマンもおうけしています。

3000yen


11日より19日までフィンランド ヘルシンキを中心に取材旅行に行ってきます。

宮田雅代さん(ピアニスト)と合流し 彼女のお知り合いのお家に泊めていただく日もあります。
田舎の森のベリー摘みも体験できそうです!

楽しみ~**

f0188408_13573699.jpg

[PR]

# by kerinosu | 2016-09-07 13:27 | Lesson | Trackback

ペイパーカップケーキのレッスン

f0188408_12483610.jpg


f0188408_12481474.jpg


f0188408_12475064.jpg


f0188408_12471766.jpg


f0188408_12465679.jpg


f0188408_12463693.jpg


f0188408_12461645.jpg


夏休み企画としての水彩画レッスンの皆さんへの
ペイパーカップケーキのワークショップです。

一人2個を作ります。

余裕(余力?)があるなら作ったケーキを絵にしてみましょう
はがきサイズで印刷すればかわいいポストカードに使えますね**

単発のペイパーカップケーキづくりの申し込み受け付けています。
13:00~16:00

お野菜のブレイクをつけます。
3000yen

0743-73-1933
kerinosu@gmail.com 

f0188408_1355824.jpg

[PR]

# by kerinosu | 2016-08-19 12:55 | Lesson | Trackback

レッスンのいろいろ

キッズ英語で進めるアートレッスン(90分)

大人向け英会話レッスン(70分)

キッズ英会話弱点集中レッスン(70分)

キッズ初めの英会話レッスン(70分)

少しずつレッスン内容が増えています。

気になるレッスンがあればお気軽にお問合せください。

いずれもワンレッスン   2000円で受け付けています。

大人の水彩画 13:00~17:00    3000円

大人の英会話と水彩画  2時間30分  3000円

その他 やりたいメニューがあれば お気軽にお聞かせください。


phonics


うちではすべてのクラスにフォニックスを取り入れることにしました。

英語では実際に発音される音はエービーシーではなくアーブックッと発音されることが
多いことは経験上おわかりでしょう。 多くの単語はフォニックス発音で単語の文字を追っていくと
ネイティブの発音に近いものになるのです。

例外が多いのですが(その例外もフォニックスの法則で説明がつくのですが)
文字を見て正しい発音ができる
音を聞き正しい単語を綴れるなど
メリットは多いと考えます。

うちでは中学の教科書を使いますがほとんどの会話は中3までの文法で事足りるのです。
あとは語彙 内容ですね!

東菜畑教室(自宅)もありますよ^


kerinosu@gmail.com
0743-73-1933
[PR]

# by kerinosu | 2016-08-01 13:10 | Lesson | Trackback

かえるとお姫様

f0188408_1318587.jpg


f0188408_13174438.jpg


f0188408_13172547.jpg


f0188408_1317737.jpg


f0188408_13164141.jpg


f0188408_13162571.jpg


f0188408_1316529.jpg


f0188408_13154441.jpg


f0188408_13152445.jpg



ひとしきりペイパーカップケーキを作った後

かえる  この子はお姫様を守る美男の騎士  ワケあってかえるの姿です
王冠をかぶっているところをみると隣の王国の王子かも、、
とりあえずワケアリです。  それと

お姫様  一見おとなしそうですがなかなか、、

を作りました。

そうそう

ペイパーカップケーキは次回 8月の大人の水彩画レッスンの年1のワークショップで行いますが
興味のある方には別クラスを設けますのでお知らせくださいね。
[PR]

# by kerinosu | 2016-07-28 13:28 | Lesson | Trackback

大人の水彩画レッスン

f0188408_16495939.jpg


f0188408_16493628.jpg


f0188408_1649241.jpg


f0188408_1649239.jpg


f0188408_16485082.jpg


f0188408_16483494.jpg


f0188408_16482162.jpg


f0188408_1648742.jpg


f0188408_16475265.jpg



月1 13:00~17:00までのレッスンです。

季節の野の花をグラスにアレンジし

自分の好きな絵のスタイルを見つけてみましょう

自分の好きな絵のスタイルは   筆跡のようにそれぞれ違うはず

要は自分が好きな絵かどうかです。

現在 第3水曜日に行っています

体験レッスン受け付けています。

お野菜ディッシュのブレイク付き^
[PR]

# by kerinosu | 2016-07-21 16:57 | Lesson | Trackback