ケリノスギャラリーカフェ

夢の観覧車 大と小!


夢の観覧車
仲良し2人組の作品です
夢の観覧車は大と小
一つは5角形でもう一つは6角形
それぞれの骨組みの先にはゴンドラがついています
骨組みがちゃんと回るのはもちろん
ゴンドラもゆらゆら揺れるのです!!


観覧車小の骨組みはこのサイズ
ここから膨らませていきます。
f0188408_16025289.jpg

ゴンドラを取り付けた骨組み部分
段ボール紙の骨組み(梁)の裏には強度を上げるため割りばしや楊枝が貼り付けられています。
中心部分にはかなり負荷がかかるので2重の鉄 失礼、段ボールとプラスティック素材が使われています。
f0188408_16031331.jpg
最初はこのように風車のような形でした
ですがこれではゴンドラを取り付けることはできません
で 上の写真のようなゴンドラを挟み込む形に設計が変更されたのです。
f0188408_16034930.jpg
出来上がりです   裏側
f0188408_16041392.jpg

ゴンドラが見えるように下の基盤にスリットをもうけました。
こちらが表
移動遊園地向け 5角形の観覧車 ゴンドラにはナンバーがつけられています。

f0188408_16045045.jpg

夢の観覧車 大サイズ   一抱えもある大きな基盤ができました。
f0188408_16061931.jpg
ゴンドラを取り付ける鉄?のアームの構造は先ほどのとは異なります
まず6角形であること
一番外側の補強構造体はありません
その代わり支柱の強度はかなり強度のしっかりしたものにしなければ。

割りばしで段ボール紙の後ろには十分な補強をほどこしましょう。
f0188408_16073488.jpg


ゴンドラがよく見える構造ですね。
ゴンドラの模様がそれぞれちがいます。
f0188408_16081762.jpg



実際に中心部分がぶれずによく回るように
ゴンドラがゆらゆらと回転にそってゆれるように。
f0188408_16085032.jpg


基盤の部分をあけることでゴンドラを見ることができますが強度は弱くなります。
そのために透明プラ板を裏から貼りつけました。
f0188408_16093802.jpg



ささえの基盤の先端も丸くカットされ
全体に安定感がある きれいなデザインができあがりました。
f0188408_16100246.jpg


夢の観覧車 大と小。

乗ってみたいと誰もが思う観覧車!!
f0188408_16103505.jpg



[PR]

by kerinosu | 2018-11-06 19:42 | Lesson | Trackback

トラックバックURL : https://kerinosu.exblog.jp/tb/30149418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。