人気ブログランキング |
ケリノスギャラリーカフェ

リースの日々を。


この時期 カフェゲストに小さなリースを作りませんか?と声をかけたなら
是非チャレンジしてくださいね。
小さなリース  リビングで飾った後はキッチンのオーナメントにも
真冬のスープの香りづけにもなる月桂樹でつくるのですもの。


f0188408_09401258.jpg


このクラスのお姉ちゃんは3歳の真ん中くらいからうちに来ていて
もう10年くらいになるのではないでしょうか。
毎年恒例のリース作り。
f0188408_09403222.jpg

f0188408_09405997.jpg

f0188408_09412364.jpg


夕べの窓にかざってみれば。
f0188408_09413819.jpg

# by kerinosu | 2018-12-06 10:06 | Trackback

自宅教室でもリース作り!




自宅教室でもリース作りはやってます。
持参のオーナメントはハワイでゲットしてきたヒトデetc.





f0188408_11154269.jpg



ママはアクセサリー作家さんなので 強力な助っ人となります^^
f0188408_11155747.jpg



もちろんアイデアを出すのはキッズ

f0188408_11161099.jpg


こんな感じ

f0188408_11162256.jpg


どこに飾るかはすぐに決まったようです
もちろんお玄関でしょう!^^
f0188408_11163570.jpg


私もザクザクと枝を丸めてお玄関に
トップはセイタカアワダチソウ&エノコログサ^^

f0188408_11365114.jpg



# by kerinosu | 2018-12-03 11:33 | Lesson | Trackback

12月といえば リース作り!




今年も師走
師走と言えばうちでは恒例のリース作りが始まります。

キッズ教室では親子での共同作業となります
これなかなかお互いが楽しみにしている年末イベント  もちろん私もね!
ママも頑張っちゃうしキッズも自分の意見がすんなり通るので
勢いすぐれた作品ができるというメカニズム^^
ご機嫌リース作り始まりました!



月桂樹とオリーブの枝  曲げやすいので新しいのを使います
なのでレッスンの朝のこぎりで自宅のを切ります。
長年やってるのでバンバン切ってドカンと車の荷台に押し込み
山へ持ってきます。
f0188408_10474422.jpg

部屋でドライにしておいたアジサイや庭や里山で調達した素材を用意
f0188408_10475468.jpg

f0188408_10481073.jpg
それぞれの持ち込みオーナメントをプラスして オリジナルリース作りが進んでいきます。
f0188408_10482754.jpg
素敵なのできあがりましたね
f0188408_10484253.jpg
オーナメントの位置はキッズの指示によるもの^^
親子の共同作業がかたちになる!
f0188408_10485811.jpg
このクラスは手際が良かったので小さなスワッグも作りました
f0188408_10490937.jpg

f0188408_10492037.jpg



同日の他のクラスです
おしゃまさんとママのリースづくり
楽しそう!
f0188408_10494724.jpg


彼のリース台ができたところ
f0188408_10500506.jpg



からの完成形!
f0188408_10503184.jpg




お気に入りのリボンを絡めて
f0188408_10501901.jpg



これが完成形!
f0188408_10504109.jpg



いいね!!!
f0188408_10505032.jpg




この時期 タイミングがあえばカフェゲストも小さなリースを作ることができますよ^^
f0188408_10510364.jpg


こんな感じ^^

f0188408_10512591.jpg

# by kerinosu | 2018-12-02 11:29 | Lesson | Trackback

冬に向かう花

冬に向かう花といえばサザンカでしょうか
椿はもう少し先ですがうちの自宅では西王母や侘助はもう咲いています。
違いはその散り方
サザンカははらはらと一枚ずつ秋を惜しむかのように散っていきます。
地面にはサザンカの絨毯




純白のサザンカ
f0188408_09053444.jpg


ピンクの斑入り
f0188408_09054354.jpg


華やかでバラのようにも見えますね
f0188408_09055252.jpg


f0188408_09060376.jpg
菊も洋風アレンジでよく使われるようになりましたね
特にグリーンのポンポンのようなもの
庭花としては育てるのがむつかしいのでしょう
f0188408_09061474.jpg

いつまでも咲くチェリーセージ
f0188408_09062414.jpg

f0188408_09064750.jpg

奈良の飛鳥からアクセサリー作家のマカさんと息子さんの一回体験
f0188408_09070047.jpg
水の部分 水が入っているようですね
ものづくりをやってる方は飲み込み早いですね。
f0188408_09071329.jpg
アヤカさん 余裕のエレガンス!^^
f0188408_09072307.jpg

恐竜を鞄いっぱい詰め込んできてくれました。
選び抜いた2体をポップアップカードに!
f0188408_09073200.jpg

# by kerinosu | 2018-11-29 09:27 | Lesson | Trackback

airbnb 体験

f0188408_18143543.jpg
airbnbの体験プラン
ケリノスで日本料理体験


申請がすんなり通りエアビーの生駒市の体験で載っています。
12月は2回のみですが興味があればエアビーから申し込んでくださいね。
おひとり7500円です。

プロフィール等日本語で書いていますが英語のほうがいいのでしょうね。
英語に変えようにも
編集の仕方がわからない、、

勝手がいまいち、、

ま  いっか。^^


# by kerinosu | 2018-11-27 18:30 | Lesson | Trackback

夢の小花のブローチ!

きれいなブローチ
うちの小5のキッズがレッスンで作ったものです。
お出かけにブローチや髪飾りをつけるのが大好き
ママとお買い物の度に買ってもらうのだそう。
一度自分で
作ってみたいと思っていました。

モチーフは小花と周りを取り囲むツルです。
f0188408_19130869.jpg



素材はすべて薄紙です。
色のコーディネーションがきれいですね
f0188408_19132424.jpg



後ろの金具はブローチでも髪留めでもつかえるもの。
発表会を終えてお出かけに使うのを楽しみにしていた彼女のお気に入りになってることでしょう^^
f0188408_19134054.jpg

# by kerinosu | 2018-11-22 19:31 | Lesson | Trackback

2泊3日でソウルへ

11月は毎年どこかの外国へおでかけします。
ヨーロッパが多いのですが今年は初めての韓国へ。
何しろ近い。 飛行機で1時間半で着くので朝出かけてお昼ご飯はソウルでいただけます。

娘とでかけました。





仁川国際空港からリムジンバスで漢江に沿いソウル中心部へ 約1時間


摩天楼の立ち並ぶ大都会
f0188408_14063667.jpg


f0188408_14064626.jpg


でホテル着のあと地元のおいしい韓国料理のお店を教えてもらいお昼。
つきだしのお野菜はお代わり自由だそうです。
f0188408_14065750.jpg


f0188408_14072898.jpg


では歩きで眠らない街東大門まで。
商店街を通ります。
f0188408_14073808.jpg

ドライフルーツのお店
f0188408_14074936.jpg

少しづつ入れてもらいました。
f0188408_14080228.jpg


乾物の多い通りなので お野菜のほしたのがいろいろ。
f0188408_14081525.jpg


朝鮮人参もざっくりありますが べらぼうなお値段がついてます。
f0188408_14082777.jpg

先ほどのドライフルーツはこれだけ入れてもらって  おまけしてもらって10000ウォン(1000円)
f0188408_14084054.jpg


東大門 この周りにデパートやファッションビルや問屋がぎっしりあります。
眠らない街というのはホントで朝4時までやってる店はざらです。
f0188408_14085741.jpg


ネイルグッズだけを扱うお店
すべてがネイルグッズ。
 娘は趣味でジェルネイルをやってるのでお買い物していましたが
私は見るだけ。
f0188408_14091286.jpg

次の日
コスメ店や洋服屋や何やらがごっちゃり集まる明洞(ミョンドン)へ

f0188408_14092791.jpg
あ 同じ写真ですね
気にせずお昼ご飯食べましょう
f0188408_14092791.jpg


f0188408_14094129.jpg


f0188408_14095347.jpg



明洞でお友達に頼まれたのや自分のコスメを爆買いするという娘とはここで別行動
自分のも買ったし夕方まで付き合いきれません。

にしても韓国は美容大国ですね。
皆さん お肌がすべすべでしかも肌のトーンが明るい  明るいというか光ってる!

なんで なんで??  半端ない肌への関心とケアのたまものなのでしょうか。
しかも美人が多い。  痩せてるしスタイルもいい。


ではおしゃれ女子と男子があつまるという街 カロスキルへ。
地下鉄のコンコースのわきにあるスペースでは現代アーティストに提供されるギャラリーがあります。
f0188408_14100500.jpg

荷物をホテルに置いた後はカフェであと半日のプランをたてます。
どこのカフェでもコーヒーはマグカップで出てきます。
f0188408_14104155.jpg

地下鉄の駅。
すべてではないでしょうが歩行者が落ちないように線路側にプロテクトがもうけられています。
f0188408_14105738.jpg
地下鉄路線図
路線ごとに色分けされてるのは万国共通。
f0188408_14112112.jpg

オレンジラインでカロスキル地区のある最寄り駅へ。
アナウンスが韓国語だけなので駅に着くたびに確認。
f0188408_14113654.jpg



駅をあがりここから歩きます。
f0188408_14115288.jpg


カロスキルにはセンスのあるブティックやカフェが点在していますが
そもそも高級住宅地なので風情のある景色に出会えるはず。
歩きましょう それらに出会うために!
f0188408_14121780.jpg


イチョウ舞い散る住宅地。
f0188408_14123137.jpg


細い路地がのびます。
こういったところを歩きたい。
f0188408_14124442.jpg
細い道のところどころにお店が点在しています。
f0188408_14130474.jpg


煉瓦の外壁についているエアコンの室外機はもちろんLG!
f0188408_14131933.jpg


韓国のコンビニと言えばcu.
いたるところにあります。
f0188408_14133433.jpg

スタバもいたるところにありますが韓国限定アイテムのカップが置いてあるのが清譚スター店
もう一人の娘が世界のスタバのマグカップを集めているので買いましたが マグカップは品切れで
買えたのはデミカップ。

f0188408_14135463.jpg


f0188408_14141600.jpg
カロスキルで出会う男女はおしゃれ意識が高い。  時々頑張りすぎちゃう?と思う女子に出会う。
f0188408_14143290.jpg

f0188408_14144892.jpg

f0188408_14150424.jpg

夕方になってきたのでオレンジラインのもう一つの駅(新沙)まで街を突っ切ってあるこう
f0188408_14152251.jpg

これ買いたかったな   地下鉄に乗るのでがまん。
f0188408_14153748.jpg


日本のバブル期こういったビルがアメ村あたりに建ってたな。
f0188408_14155233.jpg





ということで3日目の朝。
駅前の2階のカフェでの定点観察。
f0188408_14160677.jpg

f0188408_14162018.jpg

f0188408_14163660.jpg
今日は金曜日 一日頑張れば明日はオフよー!

ということでお昼過ぎの飛行機で関空へ。
1時間20分の空の旅。
あっという間のソウルでした。




# by kerinosu | 2018-11-17 16:12 | Trackback

夢のポップアップブック作り A BIG EGG!

飛び出す絵本作り
A BIG EGG


大きな卵からティアラがでてきたら私だって小躍りしてしまう!
お散歩の途中で何気なく見つけたカラフルな大きな卵





f0188408_14484238.jpg



その卵にはヒビが入っていました
f0188408_14485450.jpg
中から金色に輝くティアラが

f0188408_14490876.jpg

味を占めた少女はもっと卵がないかとさがします
あった!!
その単語にはヒビが入ってなかったので
ちからずくで  この場合ハンマーでたたき割ります。

おっと 中から出てきたのは真白なウサギのぬいぐるみ
彼女がほしかったものです。
f0188408_14492421.jpg


折しもその日はその女の子の誕生日
家族でお祝いをしたのは言うまでもないこと。
偶然手に入った高価なティアラと力づくで手に入れたぬいぐるみがお誕生日のプレゼントとなったのでありました。


欲しいものなら自分で手に入れるのはアリ。
それでこそ今どき女子というもの!!


f0188408_14493673.jpg


f0188408_14495280.jpg

f0188408_14501200.jpg
本当はもっとカワイイ感じのポップアップブックでしたけどね^^
f0188408_14493673.jpg

# by kerinosu | 2018-11-10 15:09 | Lesson | Trackback

みなと温泉 蓮





オフ日は神戸へ
生駒から一時間余りで行けるようになって気軽にお出かけします
神戸っ子に絶大な支持を集めるTHOOTHTOOTH
神戸国際会館の最上階のガーデンレストランは1週間前でも予約はとれませんでした。
予約を取れたのは神戸旧居留地十五番管の方ですがそれでも1週間前です
 重要文化財の中でランチを。
f0188408_10162369.jpg


f0188408_10163702.jpg


f0188408_10165779.jpg




紙に包まれたパン  熱い焼きたてパン
f0188408_10171449.jpg

f0188408_10172726.jpg

f0188408_10174058.jpg


f0188408_10175979.jpg



軽くランチを済ませたあと
 目的は日帰り温泉 神戸みなと温泉 蓮へ。
そぞろ歩きしながら港の先にある蓮をめざします。
旧居留地にはどんどんおしゃれなお店が増えて 行くたびに発見があるのがうれしい。
これはお花屋さん  装飾専門ではなく個人注文も受けてくださるそうです。
f0188408_10182932.jpg

f0188408_10184848.jpg

f0188408_10193496.jpg

f0188408_10194968.jpg


みなと温泉へ
f0188408_10203039.jpg

f0188408_10204623.jpg


施設はきれいで食べ物 飲み物 アメニティーが充実しています
オプションもいろいろ 半日ゆっくりリラクゼーション!!
夕焼けも夜景もキレイ シャトルバスが三宮まで送ってくれます。
f0188408_10212639.jpg


# by kerinosu | 2018-11-08 10:51 | Trackback

夢の観覧車 大と小!


夢の観覧車
仲良し2人組の作品です
夢の観覧車は大と小
一つは5角形でもう一つは6角形
それぞれの骨組みの先にはゴンドラがついています
骨組みがちゃんと回るのはもちろん
ゴンドラもゆらゆら揺れるのです!!


観覧車小の骨組みはこのサイズ
ここから膨らませていきます。
f0188408_16025289.jpg

ゴンドラを取り付けた骨組み部分
段ボール紙の骨組み(梁)の裏には強度を上げるため割りばしや楊枝が貼り付けられています。
中心部分にはかなり負荷がかかるので2重の鉄 失礼、段ボールとプラスティック素材が使われています。
f0188408_16031331.jpg
最初はこのように風車のような形でした
ですがこれではゴンドラを取り付けることはできません
で 上の写真のようなゴンドラを挟み込む形に設計が変更されたのです。
f0188408_16034930.jpg
出来上がりです   裏側
f0188408_16041392.jpg

ゴンドラが見えるように下の基盤にスリットをもうけました。
こちらが表
移動遊園地向け 5角形の観覧車 ゴンドラにはナンバーがつけられています。

f0188408_16045045.jpg

夢の観覧車 大サイズ   一抱えもある大きな基盤ができました。
f0188408_16061931.jpg
ゴンドラを取り付ける鉄?のアームの構造は先ほどのとは異なります
まず6角形であること
一番外側の補強構造体はありません
その代わり支柱の強度はかなり強度のしっかりしたものにしなければ。

割りばしで段ボール紙の後ろには十分な補強をほどこしましょう。
f0188408_16073488.jpg


ゴンドラがよく見える構造ですね。
ゴンドラの模様がそれぞれちがいます。
f0188408_16081762.jpg



実際に中心部分がぶれずによく回るように
ゴンドラがゆらゆらと回転にそってゆれるように。
f0188408_16085032.jpg


基盤の部分をあけることでゴンドラを見ることができますが強度は弱くなります。
そのために透明プラ板を裏から貼りつけました。
f0188408_16093802.jpg



ささえの基盤の先端も丸くカットされ
全体に安定感がある きれいなデザインができあがりました。
f0188408_16100246.jpg


夢の観覧車 大と小。

乗ってみたいと誰もが思う観覧車!!
f0188408_16103505.jpg



# by kerinosu | 2018-11-06 19:42 | Lesson | Trackback